冬の宇奈月は、温泉以外には一体何があるの?検証してみた。

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


春には桜、夏には緑が生い茂り、秋には紅葉が美しく、冬は雪景色を見ながら温泉でゆっくり。

スポンサードリンク

そんな自然の姿を、黒部峡谷鉄道のトロッコ電車で満喫できる宇奈月。

ただ、冬に行って本当におもしろいのか?


ということで実際にぼくが、冬の宇奈月には何があるのか確かめに行ってきた!

IMG_0148

宇奈月の駅周辺を見回すと、とても静まりかえっていた。

いるのは、スキーに来た子供とその親たち。


若者は1人もいない・・・。

冬はトロッコ電車が動いていないのは知っていたが、ここまでとは。

IMG_0159

ただ、ぼくは何かを求め歩き出した。


そうです。

何かないと記事にもできないし、読者にもどやされ、このサイトが炎上してしまうのです。

しまいには、パソコンが炎上して、そのままぼくも炎上してしまうでしょう。


それくらい、命がけで記事を書いているのです。

DPP_0052

だが、若者は1人もいない。


いやいや、そんなことはない。

きっと外が寒いからお店のなかにいるんだ。

そう思い、駅前にあるカフェボンフィーノというカフェに行きついた。


こんなオシャレなカフェならきっと人がいるだろう!

IMG_0156

だが、どうやら様子がおかしい。

お店がなんだか暗い。


そして、入口には決定的な張り紙が・・・

IMG_0153


・・・


土曜しかやってないだと?


いや、ぼくはお店だけが目的で、宇奈月に来たわけではない。

きっとどこかに面白い観光スポットがあるはずだ!


ほら!言ったそばから雪アートがあったぞ!

IMG_0127


・・・


トトロ、だと?


ある意味、面白い観光スポットにはなっているが、どこか悲しい気持ちになるのはなぜだろう。

DPP_0060

そして、追い打ちをかけるように、スナックのお店が潰れていた。

そう。


物理的に潰れていた。

なんだここは。

DPP_0053

こ、このままではこのページを読んでいる人たちが悲しい気持ちになってしまう!

なにか、何か心温まるものはないのか?




すると、そこには一つ銅像があった。

その銅像は、恥ずかしそうにこちらを見ている。

ぼくも思わず目を背ける。

だけど、ぼくは読者のためにほっこりする写真が撮りたいのだ!

ぼくは、その銅像に一礼し、敬意を示し、シャッターを押した。


作品名「はじらい」
IMG_0131

乳の垂れ具合からして、まぁまぁ歳のいっている銅像だろう。


って、誰がこんな銅像見て喜ぶねん!


温まるという意味では、無料で足湯に入れるところがたくさんあり、お金を払えば、温泉ももちろん楽しめる。

ただ、若い人がデートで来ようとはならないだろうというのが率直な感想だなこりゃ。

IMG_0121

まぁ、「はじらい」以外にも銅像がたくさんあり、銅像ファンにはもってこいのスポットだ!

お店自体は、ほぼ開いてないといっても過言ではない状態だったが、

それはそれで、「何もないところでどう楽しむか」を探すことのも面白いだろう。


また、宇奈月温泉に来る途中には、ビールソフトクリームがある「宇奈月麦酒館」があるので、そこでビールソフトクリームを食べるのもいいだろう。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る