パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

「あかちゃんタイム」で35%アップ?お母さんに優しい制度とは

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


黒部市立図書館宇奈月館が昨年10月、乳幼児連れでも気兼ねなく利用できる時間帯「あかちゃんタイム」を試験的に導入したところ、本を借りた人が前年同期と比べて35%近く増えたという。

このあかちゃんタイムに関する目立った苦情もないことから、同館では4月以降、本格実施に移すというのだ。 

-shared-img-thumb-risarisa20141018093713_TP_V

あかちゃんタイムは、市民からの「子連れだと図書館を利用しにくい」といった声を受けて実施された。

館内に協力を呼びかける札を掲げるなどして、毎週火、土曜の午前九時~正午の時間帯は、子どもが泣いたり、はしゃいだりしても、他の利用者に寛容に受け止めてもらうことにした。

こうした取り組みは県内では珍しく、導入後、幼い子どもを連れた母親からは「安心して読み聞かせができる」と歓迎の声が聞かれた。

スポンサードリンク

こういうお母さんに優しい取り組みは素敵ですね。

ビジネスモデルとしてもお母さん主体の企画は、盛り上がりやすいですからね。


これに続いて、「おっさんタイム」も試験的に導入してほしいです。

これは、熱燗を呑みながら図書館で本を読むタイムです。

いいかもしれない。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »