パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

実際に宇奈月にある地名「十六人谷」の怪談話

富山県の民話を伝えるコーナー第十話。

民話と言えば、一体、何を教訓にすれば良いのかわからない話も多い。

だけど、ぼくが責任を持って感想を書くぞ!


本日は、黒部市宇奈月町を舞台にした民話「十六人谷」です。

スポンサードリンク

若い時の弥助(やすけ)は、木こりでした。

ある時、見知らぬ女が弥助の所へ「明日、谷にある柳を切らないで下さい」と、頼みにやってきました。

仲間の通夜に参列してすっかり酔っ払っていた弥助は、頭を下げる女に背を向けて、そのまま眠ってしまいました。


翌朝、予定していた通りに弥助と十五人の木こり仲間が北又谷(きたまただに)に入りました。

そこには数百年もたったであろう実に見事な柳の木があり、弥助が止めるのも聞かず仲間の木こり達は大喜びで柳を切り倒しました。

その夜、小屋で弥助たちがすっかり寝入っているところへ、昨夜の女がやって来ました。

女は、寝ている15人の木こりの舌を、一人ずつ口で吸い取り殺していきました。

最後に「あなたに頼めばこんな事にならずに済むと思っていたのに…」と弥助に迫ってきましたが、山刀で切りつけ小屋から逃げ出しました。


それから50年たち、弥助はすっかりお爺さんになりました。

この話を、いろり端に座ってお茶を飲みながら、目の前に座っている若い女に聞かせていました。

昔の事を思い出しながら、ぽつりぽつりと話しました。

しばらくたった頃、弥助爺さんは恍惚とした表情のまま、舌を抜かれて死んでいました。

この事件があった谷を十六谷と言うそうです。


・・・めちゃくちゃコワい話やった。

なにこれ、四谷怪談?

昔話に、怪談モノってあるんですね。

しかも、十六谷は、富山県黒部市宇奈月町に実際に存在する谷だ。

いやはやこれは・・・。


実在するとコワさが増す。


もっとメルヘンチックなの頂戴よ!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »