パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

これほどまでに悲惨な結末はない「天までとどいた竹の子」

富山県の民話を伝えるコーナー第八話。

民話と言えば、一体、何を教訓にすれば良いのかわからない話も多い。

だけど、ぼくが責任を持って感想を書くぞ!


本日は、富山県西砺波を舞台にした民話「天までとどいた竹の子」です。

スポンサードリンク

昔ある所にじいさんとばあさんが住んでいた。

ある日2人が縁側でうたた寝をしていると、縁側の下から一本の竹の子が生えてきた。

その竹の子はそれからグングン伸び続け、やがて天まで伸びて頭が見えなくなった。

どこまでも伸びた竹の子を見てじいさんは、その竹の子を登ってみることにした。朝早く登り始めて何時間も登り、ようやく頭に着くとそこは月の世界だった。


じいさんが月の世界を見回していると、遠くに大きな屋敷があって、そこからなにやら光るものが出て来た。

そしてじいさんの前まで来ると「わしは星の子じゃ。じいさまを屋敷まで案内する」と言うとじいさんを乗せ屋敷まで連れていった。

屋敷に入るとそこには美しい姫さまがいて、じいさんをごちそうや楽しい踊りでもてなしてくれた。


そして夕方、ばあさんが首を長くしてじいさんの帰りを待っているとじいさんが帰ってきた。

じいさんから月の世界の話を聞いたばあさんは、今度はぜひ自分も行ってみたいと言うので、じいさんは連れていってやることにした。

じいさんは、ばあさんを革袋に入れて口にくわえて持っていく事にした。

運んでいる途中、口を開けたら落っこちてしまうので、決して「話し掛けないように」と、ばあさんに言いきかせて出発した。

しかし、途中でばあさんはどうしても我慢できずに話しかけはじめ、じいさんは口が開けないので「うんうん」と言っていた。

じいさんはもくもくと登り続け、ようやく竹の子のてっぺんが見えかけた時つい、「ばあさま、着いたぞ!」と口を開けてしまった。

その拍子にばあさんを入れた袋は、まっ逆さまに地上へ落っこちてしまった。


じいさんが地上へ戻ってみると、ばあさんの姿は無く、ただ畑の蕎麦の根元が真っ赤に真っ赤に染まっていた。

ばあさんの血で染まったのだろう。

そばの根が赤くなったのは、それからじゃそうだ。


・・・。




嘘でしょ!?


こんな残酷な話ってあります?

これはマズい民話を見つけてしまいました。

全く教訓がわかりません。

とにかく私から言えることは1つです。


竹には登るな。


ほんととんでもない昔話だよ。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »