体の何かに良い「越中富山やくぜんサイダー」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


全国的にも有名な富山県の薬売り。

スポンサードリンク

江戸時代からある「くすりの文化」は、やくぜん料理などにも生かされて富山の名物となっており、最近では、スープ、クッキー、ゼリー、羊羹、カレー、だしの素…様々なやくぜんにまつわる商品が販売されています。

そして今回、その「やくぜん」が、なんとサイダーに!?価格は一本189円。

DPP_0800

少し黄色いその中身は、どこか怪しげで、やくぜんだから苦いんじゃないのかなぁ。

DPP_0910

黄色でただでさえ怪しいのに、この薬売りさんのパッケージ。

薬でジャグリングしてやがる!?

・・・手も使わず、ジャグリングとはもはや魔法使いか魔術師か。
なんとも恐ろしいやつよ。

DPP_0825

「越中富山やくぜんサイダー」テイスティングタイム!

封を開けると、なんか懐かしい香りがした。

これがやくぜんの香りなのだろうが、なんだったかなぁ・・・

そうだ。ココアシガレットの香りだ!

飲んでみると、ほのかに甘く、やっぱりココアシュガレットの味がする。
ていうかお菓子をサイダーに溶かしたような感じだ。

DPP_0911

成分を調べると、果糖ぶどう糖液糖、人参抽出液、ハトムギエキス末、酸味料、香料、カラメル色素だ。

ただ、やくぜんサイダーなのだから、体の何かに良いのだろう。

あっ、大事なことを言うのを忘れていた。

「苦くないよ、だってサイダーだから」(テヘペロ)

魔術使いの作ったサイダー。果たして富山県ご当地サイダーになれるのか。

ぜひ富山県ご当地サイダーバトルで続きを見てほしい。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る