日本一おいしいサイダー「黒部の泡水」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


国内屈指の名水の里として知られる富山県にある黒部の水で
「どうしても日本一おいしいサイダーをつくりたくなった」

スポンサードリンク

そうして、構想から約1年、紆余曲折を経て完成したのが「名水サイダー 黒部の泡水」

DPP_0813

ラベルには
「北アルプスの雪融け水が地中に滴り落ち、百年の歳月をかけて磨かれる。時を経て黒部川扇状地に湧き出る天然伏流水で仕上げた、風味豊かなサイダー」の文字。

長いわ!

このサイダーだけ、他とは違って、栓で密閉されている・・・このこだわり。

あっ、栓抜き持ってない・・・

そう。まずは、最初の攻撃「栓の蓋アタック」だ!

くそー。栓抜きを持っていないぼくは一体どうしたらいいんだ・・・


あっ、そうだ。

DPP_0814

ぼくは徐にラジオペンチを取り出した。

「栓抜きを持っていないのに、なぜそれを?」

という読者の声にもひるまず、力でねじ伏せる。

DPP_0815

こいつは手ごわい攻撃だったぜ(汗)

まさか、飲む前に俺を倒そうとするとは恐れ入ったよ。

だが、まだまだ勝負はこれからよ!

DPP_0816

「黒部の泡水」テイスティングタイム!

炭酸は少なく、泡がシュワシュワする感じ。

甘味は果糖だけでつけているためか甘すぎず、後味スッキリ!

このスッキリ感は水のせいだろうか?


ただ、僕には水の味がわからないが、特に水にこだわりを感じる。

ぜひ富山県ご当地サイダーバトルで続きを見てほしい。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る