日本で唯一の美しい文化「富山県水墨美術館」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


日本に唯一ある水墨美術館。

それが「富山県水墨美術館」だ。

スポンサードリンク

水墨画とは、墨一色で表現される絵画で、墨線だけでなく、墨を面的に使用し、ぼかしで濃淡・明暗を表す美術。

墨一色で表現した絵画は、日本では奈良時代の作例があり、古代から制作されていた。
そんな歴史のある水墨画を一目見に行こうと、やってきましたとさ。

DPP_0781

富山県水墨美術館のマップを見ると、とても広い敷地にあることがわかる。

そして、五福山水苑。

五福地内の文教地区に位置するらしいが、正直、なぜ五福山水苑というのかはわからない。

DPP_0780

早速、館内に入ってみた。

おぉ、とっても広い公園のようだ。おじいちゃんおばあちゃんが散歩をしている。

ここはどうやら無料で入れる区間みたいだ。

DPP_0784

それで、これが「富山県水墨美術館」

やけにでかいなぁ。

アメリカの家みたいに、二階がなく、庭がやたらと広い・・・だが、日本文化の美術館。

DPP_0783

館内はもちろん撮影禁止だが、館内から外に出たところは撮影OKだった。

この水墨美術館に展示されている作品は、富岡鉄斎、竹内栖鳳、横山大観、菱田春草、小林古径、入江波光、堂本印象、横山操、加山又造・・・など、約30 人の作家の作品を収蔵している。

誰か今の中で知っている人がいたら、あなたは水墨美術博士になれるよ!

芸術に精神性が乏しくなったといわれる今日、
色彩豊かで華やかな絵画では決して味わえない、水墨画ならではの精神世界を体験できる。(入館料200円)

どの作品も趣深いどすなぁ。おけいはん。

DPP_0785

さらには、オリジナル映像『水墨画の魅力』も館内で見ることができる。

とても大きなスクリーンで感動した!美術館では最大級の大型画面らしい。

DPP_0786

美術館の一番奥には、茶室「墨光庵」というものがある。

茶を飲むには500円かかるが、茶室を見るのは無料なので、人目を気にせずガンガン見に行こう!

そして、季節によって企画展も行っているので、水墨画以外の美術にも触れることができ、古風な一日になること間違いなし。

DPP_0787


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市五福777
TEL 076-431-3719
OPEN 076-431-3719
CLOSE 曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る