パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

氷見市の魚々座(ととざ)のランチが安くて美味しすぎる!

こんばんは、サンソンです。


富山県で、あのグッドデザインアワード2015に選ばれた建物。

その名も氷見漁業交流館「魚々座」

スポンサードリンク

2015年の4月にオープンしたのだが、全国でちょっと注目されている場所である。

DPP_1693

さらに、ここのランチが、値段が安いのに、めちゃくちゃ美味しいと噂になっている。

値段が安いのに美味くて衝撃を受けたのは、バナナ以来ですが、ここのランチはどうなのでしょうか?

DPP_1696

「ぎょぎょざ」でもなく「うおうおざ」でもなく「ととざ」と読みます。

ちなみに、ここはレストランではなく交流館。


TOTOZAの文字が、YAZAWAみたいですね。

DPP_1694

館内は、漁業を中心に、いろんなものが展示してある。

館内に何があるのかは、別途、記事を作成したので、そちらをご覧ください。

『氷見のグッドデザインアワードにも選ばれた「魚々座(ととざ)」』

DPP_1713

ということで、ランチを食べにやってきました。

券売機が館内にあり、一見、牛丼やみたいな作りですね。

DPP_1716

ホワイトボードには、日替わりランチがありました。

日替わり定食とかぶす汁定食は600円で、他は800円。


値段的には、安い印象を受けますが、味はどうなのでしょうか?

DPP_1714

まず、こちらが日替わり定食。

なかなかバランスのよい魚介を使った料理ですね。

DPP_1711

そして、こちらは氷見の名物である「かぶす汁定食」

初めて聞く名前の人も多いと思うので説明すると。

かぶす汁とは、漁の後に獲ったばかりの魚をぶつ切りにして、船上の鍋に放り込み、ぐつぐつと豪快に煮て仕上げる味噌汁のこと。

DPP_1719

氷見の漁師が船上で作って味わう朝食メニューとして昔から伝わっている。


ちなみに「かぶす」とは、「漁の分け前」という意で、獲れたての魚を漁師に現物支給した名残りといわれる。

また、「かぶせる」の意もあり、蓋をかぶせて隠しながら食べるほどの旨さというのが由来ともされる。

DPP_1712

味はというと・・・。




美味い。


美味過ぎて、1000円取られても文句のない味のクオリティー!

これは感激!

DPP_1720

糀味噌で簡単に家庭でも「かぶす汁」が作れるみたいなので、帰りに魚々座の後ろで釣りをして帰りました。

ぜひみなさんも、人生に一度は「かぶす汁」を食べてみてください!

ADDRESS 富山県氷見市中央町7番1号
TEL 0766-74-8018
OPEN 展示コーナー 9:00~18:00
飲食コーナー 11:00~14:30
CLOSE 水曜日

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »