パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

テストに出るぞ!富山県ドクターヘリの5つの重要ポイント

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


2015年8月23日より富山県で運行を開始した緊急医療用ヘリコプター。

通称「ドクターヘリ」

日本に先んじて導入されたドイツでは、国内に73機配備されており、国内どこにでも要請から15分以内に到着が可能。

そして、ドクターヘリ導入後、交通事故の死亡者が3分の1に激減したと言われている。

スポンサードリンク

そのネーミングから、Dr.ヘリというすごい外人の医者が来日したのかと思っていたほどです。

そんな助っ人外国人のようなドクターヘリについて、今回は紹介しようと思います。

スクリーンショット 2015-09-19 23.35.00
「富山県ドクターヘリホームページ」


1. 北陸初の導入


これまでに37道府県45機のドクターヘリが活躍しており、富山県は日本で46機目のドクターヘリ。

以外かもしれませんが、これはあまりに導入が遅い数字。

というのも、富山県はコンパクトな県で救急車の現場への到着時間、病院までの搬送時間について、富山県は両方とも全国で最も短い県なのです(平成26年統計より)。


「そのような県にドクターヘリはいらないのでは?」

などの声も多数ありましたが、それでも導入するに踏み切った理由があります。


2. 圧倒的スピードで治療が可能に


人の命を救う救急医療は、時間との勝負。

フランスの救急医カーラーが1981年に報告した「カーラーの救命曲線」によると、心臓停止は3分、呼吸停止は10分、多量出血は30分が経過すると、患者の50%が死亡するという。

医師の治療は早ければ早いほどいい。


例えば、立山にある室堂では、そこから病院に行き治療を始めるまで、1時間半以上かかっていた。

それが、ドクターヘリを使えば、15分程度で到着し治療が可能となるのだ。

ただでさえ、山岳地帯の多い富山県は、こういった場所にこそ有効的に利用できるのだ。


3. ドクターヘリで医師の増加


実は、ドクターヘリにはもう一つの狙いがある。

それは、広告塔としての役割だ。


というのも、富山県立中央病院救命救急センターを見学する医学生がすでに9月現在で43名を超えている。

これは2014年は34名だったのに対し、すでにその人数を大幅に越えている。


つまり、ドクターヘリが広告塔となり、富山県の医師の確保にも貢献しているのだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


4. ドクターヘリの維持費は年間約2億円


そんなドクターヘリの維持費は、どこの県でも1機で年間約2億円。

そのため、全国になかなか普及しなかった過去があります。

しかし、これは患者や個人に負担がかかるようなことはなく、すべて国と自治体が負担しています。

ということは、全国にドクターヘリを配置させようと思うと、日本人1人あたり約80円だけ払えばいいのです。


わずかこれだけの費用で多くの命が救えるなら、ぜひ導入すべきでしょう。


5. 基地は富山県立中央病院


山岳遭難などの救援がメインと考えられていますが、もちろん山岳以外の生活圏における救急救命にも大きな効果をもたらす。

ドクターヘリの基地には、富山県の中心に位置する富山県立中央病院がその役割を担う。

というのも、富山県立中央病院が富山県の中心にあるため、ドクターヘリの到達時間が、基地から10分程度ですべてカバーできるのだ。

スイスドクターヘリ

ということで、上記の項目はテストに必ず出ますので、覚えておいてください。

あと、テストに出るかわかりませんが、最後にドクターヘリあるあるを言います。


ドクターヘリに乗っている整備士やフライトドクターは・・・。








合コンでモテがち。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »