パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

日本一大きなスイカ『入善ジャンボ西瓜』を買って食べてみた

こんばんは、サンソンです。


突然ですが皆さん、スイカは好きですか?

私は普通です。

実は、富山県には日本一大きなスイカとして知られる入善ジャンボ西瓜があります。

DPP_1098

まぁ、おっぱいと同じでデカけりゃいいってもんじゃないんですけどね。

ただ、私はデカいおっぱいに憧れを抱き続けてます。

私の成長期まだなのかな?

ということで、実際にそのスイカを購入してみました。


すでに、ダンボールが重い。

ダンボールの中にレンガが入っているかと錯覚してしまいます。

DPP_1099

箱を開けると、この表情。




なぜ縛られている・・・。


慌てて、JAみな穂農業に問い合わせたところ、重い西瓜が傷つくのを守るための「さん俵」という縄みたいです。

そういうプレイではなかったのですね!

DPP_1102

写真じゃわかりづらいんですが、めっちゃデカいです。

なにか比較対象がないか探したところ、そこらへんにあったタバコを置いてみることに。

DPP_1103

んー、なんでしょう。

ちょっとワイルドなスイカになりましたね。

あと、わかったことは、ラッキーストライクのマークはスイカを輪切りにした形だったことです。


今度は重さを量ってみましょう。

DPP_1101

まさか、この体重計もスイカの体脂肪と体重を計算するとは思っていなかったでしょう。

ただでさえ、毎日、人に踏まれて奴隷のような扱いを受けているのに、今度は、スイカにまで踏まれるとは。


結果は・・・。

スクリーンショット 2015-08-02 20.42.31

16kg!!!


なんと、ダンゴムシの200000倍の重さです。

あの円形生物界の覇者であるダンゴムシと圧倒的な力の差を見せつけた入善ジャンボ西瓜。


その中身は!?

DPP_1104

早速、包丁入刀にいきましょう。

そういえば私は、今までこんな大きなものを切ったことなかった。


ただ、ここで1つ問題が発生しました。




1人じゃ切れない・・・。


DPP_1105

あまりのデカさゆえ、2人がかりで切ることに。

赤い部分が徐々に見えてきました。

DPP_1106

最後は、手で思いっきり割ります。

さて、中身はどうなっているのでしょうか?


御開帳〜!

DPP_1107

おぉ、すごい身がぎっしりしている。

これは結構テンションが上がります。


今度は、食べやすいサイズに切っていこう!

DPP_1108

最初は、みんなワイワイしていたのですが、徐々に声が小さくなっていきました。

そして、大量のスイカを切りながら、その場にいた誰しもが思った。




食べきれない・・・。


DPP_1109

とりあえず、スイカを食べてみると・・・甘い!味が濃い!

デカいと味が薄いイメージだったのですが、めちゃくちゃ濃いです!


入善ジャンボ西瓜は、デカいだけじゃなかったんですね。

DPP_1110

そして、食べきれなかった分は、近所にお裾分けをしたのですが、ジャンボスイカらしさが皆無になり、お裾分けした人たちのテンションは微妙でした。

ちなみに値段はめっちゃ高いです。

値段は高いですが、甘くて美味しいので、ネタとして買ってみたら面白いかもしれませんね。

夏のアバンチュールのお供に、是非入善ジャンボスイカはいかがですか?

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »