「立山黒部アルペンルート」の旅・・・Ⅰ

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


県外民1  「富山ってあの雪の壁がすごいところでしょ?」

県外民2  「あー富山?確かなんかでかいダムがあったような。なかったような。てかダムってwww」

外人  「oh-huziyama? what’s? to,toyama? Is it mountain?」

スポンサードリンク

そう。富山県外の人からしたら、富山=立山黒部アルペンルートなのだ。

これは、富山県民として、ぜひ行かなくては。行かねばならぬ!

ゴールデンウィークというクソ混雑が予想される時期に、まずは、立山駅まで車で行きました。

DPP_0754

立山駅の標高は475m。

まだまだ、山とは言い難い高さだな。

DPP_0712

チケットを買うと意外と20分待ちとかで済んじゃいました。

ちなみに、立山駅→黒部ダム→立山駅の往復チケットは1人約1万円です。高いわ!

ロープウェイに乗る時間は、上の方に掲示されているので安心して待つことができます。
待ち時間が長い場合は、「立山カルデラ砂防博物館」に行って時間を潰してみてください。

DPP_0713

これが立山のロープウェイ。
変わった形をしている。

そして、人が多い。

ロープウェイの運転手もカメラをたくさん撮られているせいか、ちょっと決め顔です。

DPP_0714

満員電車並みのロープウェイから見える景色は、とても綺麗!

線路は、ジェットコースター並みの傾斜面です。こ、こわい。

DPP_0715

到着したのは、美女平駅。

地名は、女人禁制の立山へ登ろうとした女が神の怒りに触れ1本の杉に化したという。
この美女杉のある辺り一帯を「美女平」と呼ぶようになりましたとさ・・・こ、こわいわ。

DPP_0716

そして、そのまま高原バス乗り場へ。

一応、トイレやお土産コーナーがあるので休憩できます。

DPP_0717

バスに揺られること30分。

途中で、日本一落差が大きな滝、「称名滝」が見える。 

その落差は350mあるのだが、バスからじゃ遠すぎて見えないわっ!

DPP_0718

お次は、この付近で一番大きいとされている立山杉。

今度はだいぶ近くで見ることができた。樹齢数百年らしい。じじい杉だな。

DPP_0719

バスから見える景色は、ちょっとづつ雪の壁もどきができあがってきた。

こんなにいい天気なのに、雪があるなんて信じられない。

DPP_0720

もうスキー場に来たような感覚になってきた。

DPP_0721

10分後くらいには、こんなにも雪の壁が!

うぅー、太陽と雪の光でまぶしい。

ぼくのテンションと雪の壁、そして、運転手の帽子もどんどん高くなってきたよ!

DPP_0722

やってきました「立山・雪の大谷」!

高さ20mに迫る”雪の壁”の中を歩くことができる!

うぉー早速降りて、いっぱいはしゃぐぞよ。

DPP_0726

「立山黒部アルペンルート」の旅・・・Ⅱ


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る