パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

サザエさんが富山県のオープニングで訪問した場所をご紹介!春バージョン

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、みなさんは「サザエさん」をご存知ですか?

まぁ日本人なら知っていて当たり前かもしれませんが、サザエさんとは、主婦アイドルであり、有名なじゃんけん・プレイヤーです。

そんなサザエさんのオープニングが現在、富山県になっております。

それで、一体、サザエさんがどこに観光しているか気になっちゃってる人が多いと思うんですよ。


ということで、本日は、サザエさんがオープニングで富山県のどこに訪れたのか見ていきましょう!






1.「呉羽山」から見た富山市街

IMG_1154

呉羽山は、富山大学からも近く学生たちのラブラブ展望台ともなっています。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/8352




2.「富山駅」

DPP_0421

新しく出来た富山駅。

なんか全体的に金沢駅をパクっているような気がしますが、気のせいですね。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/17336




3.「立山黒部アルペンルート」

DPP_0726

富山県民は交通費等が高くて、あまり行ったことがありません。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/3773




4.「砺波チューリップ公園」

DPP_3264

もうチューリップだらけで最高の場所です。

県外の人に、ぜひお勧めします。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/1744




5.「クロスランドおやべ」

DPP_3321

恋人の聖地にもなっているタワーがある。

県外から来るような場所ではないかな。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/3520




6.「八日町通りと井波彫刻」

DPP_2074

通称、「神の微笑む道」

彫刻の技術は、すごいものです。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/6468




7.「高岡大仏」

DPP_0240

奈良の大仏と鎌倉の大仏に次ぐ、日本三大仏の1つと言っていますが、真相は不明。

まぁ言ったもん勝ちですかね。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/6468




8.「高志の国文学館」 

DPP_0791

なんか知りませんが、最新の技術を取り入れたすごい文学館となっています。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/2065




9.雨晴海岸

c8d57edc112c8fb8bc8ce1b82a869a6f

弁慶が岩を持ち上げて雨宿りをしたことで有名です。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/5562




10.「富山湾鮨」

DPP_4358

富山県は寿司がどこのお店でもだいたい美味しいので、回転寿司でも満足できます。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/9203




11.「蜃気楼」

toyama-asbb53

ほぼ見れない。




12.「ホタルイカ漁」

DPP_0467

ホタルイカの発光を実際に海上で見ることが出来るのは、4月から5月まで。

まさに自然の神秘!

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/1410




13.「瑞龍寺」

DPP_1049

富山県で唯一の国宝であるお寺。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/3009




14.「散居村」

DPP_0616

小学校の教科書にも載っている散居村。

春には、水田に紅く染まる夕日で美しい。

詳細記事はこちら→http://toyama-asbb.com/archives/1792






ということで、最後は入善ジャンボスイカから出て来るのかと思ったら、いつも通りでした。

このオープニングは2015年4月~2015年6月のあいだだけなので、ぜひ富山県に興味がある人は見てみてください。

ただ、また2015年6月〜、夏の富山県バーションのオープニングが始まります。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »