パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

まさに幻想的な夜桜「庄川峡桜まつり」

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


春に咲き誇るピンクの花・・・桜。

そんな綺麗な花でも、雨や曇りの日に見るとなんかスッキリこない。

スポンサードリンク

そんな雨や曇りだらけの富山県だから。

てか、なんでこんなに天気悪いんだよ。


春くらい晴れろー!!!

DPP_0635

ということで、砺波市にある「庄川水記念公園」にやってきました。


なんでもここでは、桜の季節になると「庄川峡桜まつり」が開催され、夜には桜のライトアップもある。

そう、夜桜なら天気が悪くても、綺麗に見えるような気がしたのです。

DPP_0626

実際に、夜だと、天気が悪くても特に違和感がありません。


まぁ、曇りをもっとどす黒くしたら夜みたいなもんですし。

まずは、鯉恋の宮というところにやってきました。


これは・・・シャイニングロード!?

DPP_0628

なぜ、英語で言ったのかは定かではありませんが、この光の道を歩いていくと、桜に出くわします。

しかも、なんだかロマンチック!


これなら誤って夜道を踏み外してドブに落ちることもありませんね。

DPP_0627

桜もこのライトアップです。


美しいだけでなく、なんだか暖かい!

これはナイスバランスのライトアップ配色です。

DPP_0630

アップにしてみると、この洗練された桜模様


いいんじゃない?

なんかこの写真いいんじゃない?


必殺仕事人のオープニングみたいな写真が撮れました。

DPP_0629

桜を背景に、この赤い橋もすごい幻想的です。


なんかオシャレですね。

デートとかでめっちゃ使いたいです。

DPP_0631

今度は、遠くから撮ってみました。


なにを隠そう、ここは庄川。

川の反対側から見れば、川にもライトアップが映る。


そして、たくさん歩いたならば最後に、近くのウッドプラザにある足湯につかりましょう!

DPP_0624




なにこのそういうお店みたいな明かりは。


DPP_0625

こんなピンク色じゃ、落ち着いて足湯にも使ってられません。


足湯に使っているときに、どっかからそういうお店の人が出てきそうです。

そうして、10分くらい足湯に使っていましたが、おばあちゃんしかやってきませんでした。


むしろ、おばあちゃんが出てきたときには、一瞬、心が凍りました。

DPP_0633

ということで、最終的に、そこらへんの旅館に泊まっているおばあちゃんと仲良くなりました。

なんだこれ。


もし大人な女性と夜に出会いたければ、ぜひここで足湯につかるといいでしょう。

それでは、ぼくはこれからおばあちゃんと同じ旅館に泊まりに行ってきます!


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る