写真でわかる!「となみ散居村ミュージアム」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


菜の花咲き誇る季節。

スポンサードリンク

散居村展望台に行く前に
どのようにしたら美しい散居村を撮ることができるかを勉強しに行った。

DPP_0629

この「となみ散居村ミュージアム」では、散居村の情報が得られる「情報館」以外にも
伝統的家屋「アズマダチ」(伝統館)やコミュニティールーム(交流館)があった。

DPP_0625

まぁ、でもとりあえず情報館へ行ってみよう!

情報館では、散居村の四季折々の写真がずらりと並んでいた。

さらにはチューリップなどの砺波関連の写真の入賞作品も!

これは勉強になります!

DPP_0626

散居村の歴史も知ることができ、もう学校の教科書にでてくる散居村の内容より濃い内容を理解できちゃいました。

ただ、この知識はどこで利用できるのだろう。

DPP_0627

続いて、伝統的家屋「アズマダチ」(伝統館)に行ってみた。

ちなみに全館無料で入れます。

DPP_0628

家内は昭和の匂い漂う景観である。

おじいちゃんの家を思い出す。

DPP_0631

昔の人もチューリップを育てていたのだなぁと思う台所。

この写真は、だいぶ好きだなぁ。

DPP_0630

まだ、こんな時間か。

でもそろそろ夕日の見える散居村展望台に行く準備をしなければ!

DPP_0633

情報館の人によれば、「となみ夢の平散居村展望台」が一番綺麗だとわかった。

夢の平散居村展望台。

ふぅ・・・あの山か。

ぼくはとなみ夢の平散居村展望台とは全く違うところをずっと眺めていた。

水田紅く染まる「散居村展望台」へレッツゴー!

DPP_0632


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県砺波市太郎丸80
TEL 0763-34-7180
OPEN 9:00~21:00
CLOSE 水曜日・毎月第3木曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る