パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

気分が晴れる!富山で大人気のハワイアン「±0cafe(ゼロカフェ)」

どうも、お色気担当のサンソンです。


富山市の駅前付近に、めちゃくちゃ大人気のカフェがあると聞きました。

一体、なにがどう大人気なのかはわかりませんが、とにかく大きな人の気がします。


ただ、ダイオウグソクムシでも人気が出る時代なので、なにがあるかわかりません。

スポンサードリンク

ということで、富山駅をおりて、歩いて10分くらいのところにそのカフェがありました。

DPP_0480




まぁまぁ適当な看板です。


むしろ、左端に映り込んでしまった「ニコニコレンタカー」の方が存在感があるかもしれません。

ただ、ビルの3階にあるというので登ってみましょう。

DPP_0479

エレベーターで3階まで行くと、ゼロカフェの入り口がありました。

そして扉にはなんと「WELCOME HOME」という文字が。

訳すと「おかえりなさい」


メイド喫茶を思い出します。

DPP_0471

そして、店内に入ってみると、このオシャレな雰囲気。

さらに・・・女子ばかり!


内心めちゃくちゃ疑っていましたが、本当に大人気のお店です。

DPP_0476

肩身の狭い男性は、窓際です。


ただ、これだけ明るくて広い席ならば、窓際係長も悪いポジションではありませんね。

むしろ、窓際係長になりたい。

DPP_0477

そして、メニューはというと、ハワイアン。

さらに、メニューを持ってきてくれたスタッフの方がめちゃくちゃイケメンでした。


なるほどなるほど。




そういうことね。

DPP_0474

やってきたランチもこのヘルシーさ。


この「アヒポキ丼」は言ってしまえば、どんぶり界の春夏秋冬。

ヒルクライムもビックリの鮮やかな四季を表現したどんぶりです。

DPP_0473

こちらは「エッグベェネディクト」


一瞬、ポケモンのディグダみたいな名前でバカにしてたけど、すげー美味しい。

中からトロトロの卵が出てきて、パンケーキをめっちゃ絡んでくる。

DPP_0481

食後には、「燃える!絶好調ぷりん」

昼は明るくて、写真では火が見えにくいけど、プリンが炎を上げて運ばれてくる。


一種のアトラクションになっている。

DPP_0478

さて、ゼロカフェが大人気の理由は、至ってシンプルな方程式によって導くことができました。

「ヘルシー料理×オシャレな演出×イケメン=女子大人気」

これは、花山薫の「握力×体重×スピード=破壊力」と同じ法則です。


誕生日のサプライズなども用意されているので、ぜひ一度、女子は行ってみてはいかがでしょうか?


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市内幸町2−14 内幸ビルA館 3F ‎
TEL 076-441-0029 ‎
OPEN 11:30-24:00
CLOSE 木曜日

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る