日本一の花の祭典「となみチューリップフェア」に行ってきた

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


国内最大500品種、100万本もののチューリップが咲き誇る。

それが「となみチューリップフェア」

DPP_3259

なんと、全国からたくさんの人がやって来るらしい・・・。


2016年の開催時期は、

4月22日(金)~5月5日(木)
午前8時30分~午後5時30分
砺波チューリップ公園
入園料 大人1000円、小人300円、小学生未満無料


ということで、家族やカップルが多い中、大人の男たちだけで乗り込んできました。

スポンサードリンク

富山県は日本一の出荷量を誇るチューリップの球根産地で、県花でもある。

そんなチューリップの量はまさに圧巻で、様々な種類もあり大人もキャッキャはしゃいでしまうほどだ。


しゃっ!はしゃぐぞー!

DPP_3260

園内は、ものすごい種類のチューリップがありました。

なにこれ!?


超可愛いんですけど!!!


思いっきりダイブして、チューリップまみれになりたいわ。

DPP_0597

こんなのもチューリップなの!?


ぼくの好みな毒々しいチューリップの写真を載せました。

もう何でもありのチューリップだ。


サクラクレパスの全色くらいの色合いはあるな。

DPP_0596

そんな中、チューリップソフトなるものを発見!

これはお姉さんも綺麗なことだし、買う以外の選択肢が見つからない。


ここで買わなかったら、入場料1,000円をドブに捨てたのと一緒だ。

DPP_0604-682x1024

早速、友人が食べてみました。


・・・




友人 「まずい。」

「いや、まず過ぎて逆にうまいっていうのか?


結論として、チューリップは食べるものではないことがわかった。

DPP_3261

続いて、「チューリップ四季彩館」というところに入りました。


完全にイっちゃってるチューリップがいました。


これはいけません。

チューリップで楽しい空間が、一気に幽霊屋敷になりました。


なんか肛門から水を噴射してるみたいやし。

DPP_3263

しかし、そんな空間には、皇室献上チューリップなるものがありました。


あんな不謹慎なものを見た後ですが、すごい高級感です。

球根も売られていたのですが、結構なお値段でした。


ぼくも、皇室献上チューリップを育てて、皇室に献上して、その際に報酬として、東京に庭付きの一軒家をもらいたいです。

DPP_0599

そして、外に出ると、また何やら危険なキャラクターがいました。


彼の名前は「チューリ君」

おでこのアミから何か目線を感じるって?

もう~これはただのほくろだぞっ!

DPP_0601

そして、チューリップ広場には、誰もが目に見えてしまうチューリップタワーが存在する。


大人はこんなモニュメントも見逃さない。


大人は黙って、チューリップタワーを持つ。

まるで、この広場を制したような面持ちで。




そして、その姿を大人は黙って撮影する。

ぜひみなさんもこの写真を参考にしてほしい。

DPP_3264

そんなチューリップタワーを上って見ると、実はチューリップが大きな地上絵になっている!


こんな素晴らしい仕掛けがあるなんて・・・。

ぼくらは感動とともにこう言った。




「ふははははっ!人がまるでゴミのようだ!」

DPP_0603

そんなチューリップタワーから見下ろしたゴミの中をアップにするとバカ面の友人たちが。


たくさんの人に見られているが、大人はそんなこと気にしてられない。

むしろ、彼らに続いて、他の人たちも同じことをやりだした。


彼らもまた、実は同じことをしたかった大人たち。




ぼくらはいつだってパイオニアだ。

DPP_0602

チューリップフェアを満喫していたとき、なんと「プリンセスチューリップ」の人達を発見!


大人たるもの、レディーを前に一緒に写真を撮らないなんて、大人が廃る。

涼しげな表情で、一緒に写真を撮っていただいた。

話を聞くと、なんと赤十字の募金活動をしているとのこと!


これはなんとも慈悲深い行為だ。




大人は黙って募金箱にお金を少し入れた。

DPP_3262

いやー、しかし、すごい数のチューリップだった。

これはさすがに、全国から集まってくるなぁ。

あと、外人も結構したし。


ここは、チューリップを大好きにさせる危険なとこやでぇ!!!


あと、ついでですが、近くに日本唯一の五連水車もあったので、そちらの記事も見ていってください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県砺波市花園町1-32
TEL 0763-33-7716
OPEN 8:30~17:30
CLOSE 期間限定

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る