パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

銅器はここまでオシャレに!「株式会社F・ROAD織田幸銅器」

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、高岡市では銅器が有名で、その歴史は江戸時代までさかのぼる。

そんな高岡銅器を今なお提供し続けている会社がある。

スポンサードリンク

それが、「織田幸銅器」

創業は、大正14年とかなりの老舗店である。

DPP_0364

ただ、外観は、もう老舗さを感じさせないでっかい建物だった。


でけぇなぁ。

しかも、外観まっしろだし、銅器扱ってるように見えない。

ただ、安心してほしい。

DPP_0381

建物の周りには、めっちゃ銅像がありました。


雨がちょっと降っているせいか、いろんなところが濡れてしまっていますね。

ただ、ぼくは銅像を見に来たわけではありません!

DPP_0370

なんとここ織田幸銅器には、ショールームがあるのです。


なんてこったい。

全裸の女性の銅像を見ている場合じゃねぇ!


早速、ショールームに行ってみましょう。

DPP_0365

まず、一階に現れたのが、ギャラリー&ギフトコーナー。


そして、こちらの商品がオリジナルブランド「RED&WHITE」

日本語で「紅白」ってことになるのですが、なんともおめでたいしオシャレですね。


銅器もここまでオシャレになっていたとは・・・。

DPP_0369

続いて、二階には美術工芸品コーナーがありました。


こちらは打って変わって、ちょっと堅めの銅器ですね。

おじいちゃん家にありそうなやつです。


値段も1階よりも上がってきました。

DPP_0368

最後に、三階です。


ここは、創造とふれあいの空間ということになっていますが、空気が違います。

ある商品を見るたびに、ぼくの年収以上のモノがそこらへんいあります。


マジかよ。

壊したら、1年間住み込みだよ。

DPP_0367

さらに奥に行けば、なんか別世界です。


ぼくが一生到達できない世界がこんなところにありました。

見るたびにすごい商品ばっかりです。

ただ、ぼくにはさっぱりわからない芸術品。


これらの芸術品は、ボランティアで貸し出しを行ったりしているらしい。

すごい太っ腹な会社だな、おい。

DPP_0366

ということで、ぼくが手を出せる空間は1階のみでした。

階段を上がるたびにレベルアップしていくので、みなさんも経験値不足ではすぐ死んでしまいます。

ぼくは、二階に上がる途中で死にました。


ただ、店内を案内してくれたおじさんがめっちゃいい人だったので、みなさんも気軽に入ることが出来るでしょう。

おじさんという助っ人がいれば、三階まで楽々クリアです!


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県高岡市金屋本町3−34
TEL 0766-24-6154
OPEN 8:30~18:30
CLOSE 土、日、祝日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »