パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

第3子以降の保育料が無料に!ますます子育てしやすい県へ

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山県が育児にまた力を入れました!

なんと2015年4月から、一定の年収以下の世帯で、第3子以降の保育料を5歳児まで無料にするという。


この方針は、富山県独自の取り組みです。

スポンサードリンク

第3子まで産む人は少なくなってきたが、子だくさんの人には有り難い政策ですね。

また、県と市町村での共同の取り組みなのだ。


では、第3子の保育料が無料になる条件とはなんなのでしょうか?

LISA78_drinkumauma20141018103501500

・所得制限について

所得制限はあります。

保育園の場合は年収約640万円以下、幼稚園は年収約680万円以下の世帯が対象です。

また、所得制限を超える世帯については、3歳児までは半額、4歳児で三分の二、5歳児は全額となっています。




以上です。


これだけの条件で、第3子の保育料が無料になります。

3歳まで半額というだけでも他県と大きな違いです。


知事は記者会見で

「少子化対策を思い切って進める。保育料負担の軽減以外のことも、予算編成の中でやっていく」

と述べ、子育て支援や人口減対策に手厚く予算配分する考えを示しました。


この政策によって、保育所は約2650人、幼稚園は約450人の0~5歳児全体の7割程度が無料化されることになります。

ただ、富山市は現在、幼稚園のみが新制度の対象で、今後、積極的に検討をしていくという。

富山県は共働きが多く、女性が働くことが当たり前という意識があるため、このような政策が出てきたのでしょう。


他の県では、兄弟姉妹が3人同時に保育園に通っていれば、第3子が無料なので、これは大きな違いです。

富山県はますます、家族が住みやすくなりますね。

富山県の住みやすさ参考リンク→http://toyama-asbb.com/archives/9239

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »