パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

並んでも食べたい!美味くて楽しい「南砺利賀そば祭り」

どうも、お色気担当のサンソンです。


突然ですが、こう寒いと、暖かい蕎麦かうどんでも食べたくなりませんか?


まぁだいたいの人は、うどん食べたいとか、そういう甘っちょろい麺が好きなんですよね。

ちまたの女子なんか「うどんの方が美白で私らしい!」とかわけのわからんこと言い出すし。

しかし、美白ではない、そう、見た目が汚くたって、美味しい!




それが、蕎麦なのです

DPP_0162

ということで、蕎麦を食べに、「南砺利賀そば祭り」にやってきました。


実は、昨日ここに来たのですが、雪像に夢中になりすぎて、蕎麦を食べることを忘れていました。

なんというウッカリモノ!

スポンサードリンク

ただ、「わざわざ冬の山にそばを食べにいかなくても良いのでは?」

という読者の声が聞こえてきます。


確かに、世の中には、そこまで蕎麦が好きな人はなかなかいないでしょうし、

「ソバカスのあるそば」より「煌めく美白のうどん」が好きな人が多いかと思います。

DPP_0176

しかし、もし、冬の雪山に「ソバカスのある宮﨑あおい」「煌めく美白の便座」があったといたら、どちらにあなたは会いたいでしょうか?


答えは、間違いなく「ソバカスのある宮﨑あおい」でしょう。

何故なら「ソバカスのある宮﨑あおい」は可愛すぎであり、反対に「煌めく美白の便座」はコメリにもあるからです。

逆に、宮崎あおいを差し置いて便座に会いたい人がいたとしたら、それは確実にそういう人なので関わらないほうがいいでしょう。


以上のことから、雪山に蕎麦を食べにくることは非常に有意義なことなのです。

DPP_0181

見てください、この蕎麦を求める行列を。


まるで、AKB48の握手会のようです。

そこには、並んでも会いたい宮﨑あおい・・・ではなく蕎麦があるのです。

DPP_0186

蕎麦を作っている厨房もすごい熱気です。


手さばきが早すぎて肉眼では見ることができません!

かろうじてカメラでその手先を撮ることに成功しましたが、やはりブレている。


それほどシャッタースピードを最速にしてもとらえることが出来ない熟練技。

DPP_0179

そうして、ようやく蕎麦に辿り着けました。


これは美味そうです!

トッピングは至ってシンプルですが、つゆの中に肉がめっちゃ入ってます。

それでは早速・・・。




!?


これはさすがの利賀そば。

蕎麦の腰が半端なく、つゆも独特の風味とうまみが凝集されています。

DPP_0180

蕎麦も食べ、あったまったところで、冬空に出てました。




なんかおっさんが丸太運んどる


ちょっと、意味を理解しておりませんが、

目立ちたいから丸太を動かしているとしたら、それはちょっとヤバいですね。


でも、なんか楽しそう。

DPP_0183

今度は、ちびっ子たちが綱引きをしていました。


こんな寒い中、綱を引くなんて、わんぱくすぎですね。

さらには、極寒の中、素手で綱を引く猛者までいます。


ぼくもちょっと引いてみようと思いましたが、近づいた瞬間、子どもたち全員がこちらを見たのでやめました。

DPP_0184

今度は、そり遊びです。


「ソリなんて子どもの道楽よ。」

という読者の方がいるかもしれませんが、ちょっと聞いてください。


確かにスキーとスノボーとソリでは、ソリが一番レベルが低く見られがちですが、

ボブスレーもソリの一種なので、実はソリが一番スピードが速く「氷上のF1」と呼ばれ、非常に危険なスポーツなのです。


つまり、彼らも今、最もスピードのあるスポーツをしているわけであって、

写真ではわかりませんが、子どもたちは時速300kmで今下降しています。


子どもたちが滑るたびに、「ふぅぅぅぅうーーーんっっっ!!!」と音を立てています。

DPP_0177

そんな子どもたちを見ながら、暖かいおやきを食べました。


普通の味を買ったつもりですが、割った瞬間、中が黄色くてビビりました。

まさかのカボチャでしたが、美味しかったです。


さて、帰りますか。

DPP_0178

そうして、帰ろうとしているときに、あの丸太おじさんたちがいて笑いました。


まだ目立とうとしている。

子どもたちも怪訝そうに見ていました。


ということで、来年はマイ丸太を持参して、そば祭りに挑もうと思います。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県南砺市利賀村上百瀬88
TEL 0763-68-2556
OPEN 9:00-17:00
期間限定 2月上旬

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »