パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

チェーンソーで氷を削れ!「南砺市アイスフェス」

どうも、お色気担当のサンソンです。


突然ですが、南砺市には日本一の木彫刻の町があります。

それは、井波という場所なのですが、素晴らしい彫刻が数々あり、そこらへんを歩いているだけで木彫りに出くわすくらいです。


そんな彫刻が得意な井波が、もし、氷を彫刻したならば・・・。

スポンサードリンク

いや、本業頑張れよ。

しかし、少し興味があります。

言うなれば、将棋の羽生名人がチェス世界一に挑んだような感じ。


これは、すごいアイスアートが完成するに違いない!

ということで、南砺市井波にある「いなみ木彫りの里」に行ってきました。

IMG_8450

早速、道の駅である「いなみ木彫りの里」に到着しました。

そして、その駐車場では、絶賛アイスアート作成中!


思ったより人が少なく地味ですが、豪快にチェーンソーで氷を削っています。

ちょっと危険ですが、近くで見てみましょう!

IMG_1941

すごい完全防備で、氷を削っております。


そして、彼の目の前には、すごい怖い目をしたおじさんたちが目を光らせています。

腕を組んだおじさんが師匠なのかはわかりませんが、足がすごい長いのは確かです。


ちょっと後ろからでは見えづらいので、今度は前から見てみましょう!

IMG_7883

うおぉー!!!




チェーンソー爆音すぎ


あと、「おっさんにチェーンソー」という「鬼に金棒」みたいな状態ですが、作成しているのは「可愛い犬」

そのギャップに萌えですね。

IMG_6549

また、テレビ局の人も来ていました。


先ほどのおじさんの作品には目もくれず、おっぱいの出ているアイスアートばかり撮影しています。

おそらくミロのヴィーナスでしょうね。


ただ、本当にこんな地味な画で、放送が成り立つのかが心配です。

IMG_0352

テレビの人が、そんな半裸女性のアイスアートばかり撮影していたので、その横にいた動物を撮ってみました。


おそらく・・・ひつじ?

結構、繊細に作られています。

溶けてしまうのがもったいないですね。


この子をグラスに入れて、ウイスキーでも飲んでみたいです。

IMG_8261

他にまだあるのかと思い、いろいろ探しましたが、あれがアイスフェスの全貌みたいです。


早々に、チェーンソーの爆音のみが鳴り響くアイスフェスに飽きてしまいました。

ただ、これで帰るのもなんなので、周辺を散策してみることに。

IMG_2076

まず、現れたのが木彫りのウル○ラマンみたいなやつ。


作品名は「売るウルマン」




もう、むちゃくちゃすぎる。


これ絶対おっさんが考えた作品だよ。

ダサすぎるし。


ぼくなら全裸の女性の木彫りを作るのになぁ。

IMG_7648

続いて・・・ゴジラ?


えぇーっと。

ウル○ラマンに引き続いてなんですが。




許可取ってんのかよ。


絶対ダメでしょ。

ただ、もし許可を取っているとしたらぼくは、だんまりを決め込むしかありません。

IMG_2972

今度は、なにやらゆるキャラを見つけました。


誰かわかりませんが、めっちゃピースしてます。

自意識過剰ですね。

どうやらコロちゃんは木彫りの里のキャラクターらしいです。


今は紙切れみたいな体ですが、お金が貯まれば、日本初のリアルな木で出来たゆるキャラになることでしょう。

IMG_0954

最後に、木彫りの里で利賀そばをいただきました。


アイスフェスは、若干しょぼかったですけど、利賀そばは美味しいですね。

冬にこのあったかいそばが身にしみます。

IMG_1216

ということで、アイスフェスは、すぐに飽きてしまいました。

しかし、あんまりチェーンソーで氷を削るところなんてなかなか見れませんので、それはそれで面白かったです。

今後、どんどん大きなお祭りになってくると思うので、そのときにまた行けたらと思います。


おそらく数年後には、世界一大きなアイス像でギネス認定とかやってくれると思います。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県南砺市北川730
TEL 0763-82-5757
OPEN 9:00~17:00
期間限定 2017年 2月11日-12日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »