パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【ヒスイ海岸】海岸に宝石が!? 実際にヒスイを探してみた

富山県朝日町の海岸から失礼します。どうも、編集長のサクラです。


突然ですが皆さんはヒスイをご存知でしょうか?

ヒスイとは宝石の一種であり、緑色をした東洋で人気の高い石です。「一体どんな宝石だよ」って人もgoogle検索で調べてみるとこんな感じにでてきます。


ものすごい緑一色ですね、麻雀かよ。

そんなヒスイですが富山県の朝日町にヒスイをタダで拾うことができる場所があるという。それが宮崎・境海岸、通称「ヒスイ海岸」なのだ。

ということで本日は、ヒスイ海岸の情報も含めて、実際にヒスイを探しにいってきました。

目次


1. ヒスイ海岸とは
2. 場所
3. ヒスイってどんな石?
4. 探し方
5. 実際に探してみた
6. 公式ガイドブック
7. カフェ HYGGE






1. ヒスイ海岸とは

ヒスイ海岸は、富山県朝日町を東西約4kmに連なる美しい海岸で宮崎・境海岸とも呼ばれています。

夏には若者や家族連れの海水浴で賑わっており、夏以外にも魚釣りやヒスイの原石探しの人たちがちらほら見られます。宝石であるヒスイが打ち上げられることから「ヒスイ海岸」とも呼ばれ、特に波の荒い日の翌日にはヒスイ探しを楽しむ人が多い。後ろには山が連なっており、夕暮れ時には夕日に染まる美しい海岸を見ることができるサンセットビーチとしても人気です。




2. 場所

ヒスイ海岸は、富山県朝日町の海岸に位置しており、車で行く場合は北陸自動車道朝日ICから約15分。(駐車場は無料)

電車で行く場合は、あいの風とやま鉄道越中宮崎駅から徒歩1分のところにあります。




3. ヒスイってどんな石?

ヒスイはアジア地方でよくネックレスやイヤリングの宝石として利用されており、日本では勾玉として昔から利用されていました。

ヒスイは正式には「ヒスイ輝石、Jadite –NaAlsi2O6–」と言われており、ほとんどの方が緑色だと思われていますが基本的にヒスイは鉱物的には白色ないし無色であり、ここに微量のクロムが混じると美しい緑色になるそうです。ちなみにヒスイに含まれるジルコンの年代を測定したところ、約5億年前にできた石だそうで、地下でできたヒスイがこうして5億年の時を超えて地表にやってきたと思うと神秘的です。





4. 探し方

DPP_0521

ということで、実際にヒスイ海岸にやってきたのですがまずは探し方を説明します。

ヒスイの原石は、薄くグリーンがかった感じで、普通の石より若干比重が重いので手ごたえがあり、硬いため角ばっている。波打ち際を歩いていて、水の中でボワーと白い光を発している石を探すのがコツです。

緑色のヒスイは、乾いているときは黒っぽく見えますが、海水で濡らしてから太陽にすかしてみると光が透けてきれいに見えます。地元の人たちは朝早く起きて海岸を歩きながら探し、特に海の荒れた翌日などは海中より打ち上げられることがあり、よく見つかると言われています。運悪くヒスイが見つからなくても、ここにはガーネットやメノウなどの赤や緑・青・白など様々な小石もありますので、ガラスの容器に入れておみやげにしてみてください。

ポイントを整理するとこちらになります。

・普通の石より重く感じる。
・角ばった形のものが多い。
・色は白っぽく透明感がある。





5. 探してみた

ということで海岸にやってきました。

なんでもヒスイの原石を拾うことが出来るのは日本でもここと糸魚川の川沿いだけだという。これはすごい情報です。早速、ヒスイを拾いまくって金儲けしようではありませんか!

海岸を見渡すと、あちこちにヒスイハンターたちがいます・・・と思いましたがみんな魚釣りしている人たちだった。


DPP_0523

海岸に近付くにつれて、石が多くなっていくのがわかる。

普通は砂浜なのに、この石の量は尋常じゃないな。しかし、こんだけ石があるのに一体どうやってヒスイを見つけろっていうんだ・・・。


DPP_0524

さきほどの事前情報によると、ヒスイは他の石と比べて重いらしい。

しかし素人にはわからないレベルという、じゃぁそんなアドバイスするなよ。


DPP_0527

どうしたものかと歩いていると、ここで何か白くて透明な石を発見!

なんか宝石っぽい!


DPP_0528


・・・。




電球?


そういえば事前情報によるとヒスイは硬いため丸いものはないって言ってたなぁ。


・・・全然ない。

あまりの無さに不安を覚えたので、朝日町の観光拠点である「なないろ館」にお問い合わせてヒスイ情報を電話で聞いてみました。すると3つの重要なアドバイスをもらえた。

1. 緑のヒスイはほとんどなく、白や灰色多い。
2. ヒスイは塩のようなざらざらした透明な結晶が表面に見える。
3. 大きいヒスイはだいたいすでに取られている。


・・・。


・・・ない。


・・・はぁ。


・・・はぁはぁはぁっ!


DPP_0529

一体わたしは何をやっているのでしょうか。


気が付いたら無我夢中で石のおっぱいを作っていました。正気の人間がこんなことをするわけがないので、わたしは立派にヒスイ探しにやられていたわけで。

そうして、ヒスイ探しをあきらめようとしていたとき、目の前にヒスイっぱい石が!!


DPP_0530

これはきっとヒスイだろう。

いやヒスイだ。ヒスイということにしてください。わたしは達成感と高揚感から、そのヒスイを手に海岸へ走って行った。

そして、そのままヒスイを思いっきり投げ飛ばした!




「うわぁぁああぁあぁぁあぁあぁぁあ!」


ヒュー・・・・ポチャ。。。


DPP_0526

もうヒスイなんか取られつくしてるわ!

ただわたしがヒスイ海岸に行った後に、朝日町の友人が普通にLINEで「ヒスイ普通に落ちてたよ。」ってヒスイの写真を送ってきたので、とりあえず既読スルーしておきました。

頑張って探せばヒスイは見つかりますので、ぜひみなさんも我慢強く探してみてください。




6. 公式ガイドブック


画像引用 「あさひ暮らし旅」より

実は朝日町では、ヒスイ探しのために「あさひ石ころマニアックス」というちゃんとした可愛いガイドブックも掲載されている。

つまりこれを見れば、ヒスイ探しやヒスイグッズをどこで購入できるかもすべて丸わかりなのだ!ぜひガチでヒスイをゲットしたいなら熟読しよう。

また、ヒスイ探しの名人と一緒にヒスイを探しにいくツアーも開催されているので、こちらもどうしてもヒスイをゲットしたいならツアーに申し込んでみてください。




7. カフェ HYGGE

ヒスイ探しをしたならば、ぜひ立ち寄ってほしいのが朝日町のオシャレなカフェ「HYGGE」です。

こちらはハーブ専門のカフェとなっており、店内ではヒスイオリジナルプロダクトも売られている。

ちなみに、「HYGGE」はデンマーク語で「大切な人たちと過ごす居心地の良い時間や空間」、古民家をリノベーションした和の空間で心が癒されます。


店内には様々な実物のハーブがあり、これらは世界中から取り寄せられたハーブたち。

ランチもオシャレなものが用意されており、女子旅とかデートで立ち寄りたいですね。オリジナルブランドのハーブティーもたくさんあるので、ぜひ1度訪れてみてください。




おわりに

ということで、わたしはヒスイを見つけることができませんでしたが、朝日町の「なないろ館」には、こんなでっかいヒスイの原石が展示されている。デカすぎるやろ。

ぜひ一緒に写真を撮って、「#ヒスイ海岸ででっかいヒスイ拾った」と投稿してみんなの人気者になってください。

みなさんもヒスイ探しに朝日町に行ってみてください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »