パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

世界最大の和紙完成!立山杉使い富山らしさでギネス申請へ

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


巨大なスルメでギネスを狙っていることは有名ですが、実は、最近、またも富山県でギネスが生まれようとしています。

それは・・・。




「最も大きい1枚の手作りの紙」

スポンサードリンク

立山町の和紙職人、川原隆邦さん(33)は、縦16メートル、横7.4メートルの巨大和紙を制作したという。

しかも、県木の立山杉の表皮を原料に混ぜ、富山らしさを表現している。


立山町下白岩の上東地域活性化センターを拠点に、全ての作業を1人で行ったらしい。

PAK25_origamitoturu500

立山杉の表皮をたたいて繊維にし、コウゾと一緒に溶かし、厚さにむらがないよう気を配りながら木製の大きな枠に原料液を流し込み、天日で3日間乾燥させた。

なんと、杉の採取から完成まで約3カ月かけた労作だという。


「最も大きい1枚の手作りの紙」の現在の世界記録は、2009年の高岡開町400年記念イベントで高岡市民約400人が共同制作した縦7メートル、横14メートルの和紙。


同じ富山県かよ。


まぁ、富山県にいろんなギネスが現れるのは良いことですね。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »