怪物くんと忍者ハットリくんの聖地がここに!「藤子不二雄Ⓐまんが展」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


映画でも有名になった「怪物くん」「忍者ハットリくん」

誰もが聞いたことのあるでしょう。

スポンサードリンク

そんな作品を作ってしまった人が、なんと氷見市出身地なのだ。

彼の名前は、藤子不二雄Ⓐ先生

DPP_0512

そんな彼の残した作品たちを拝むことができる資料館。

それがここ「藤子不二雄 A まんが展」です。




・・・想像の5倍は小さい。

DPP_0502

そんな氷見の商店街は、とてもさびれていて、正直、おばけが出るかとビクビクしていましたが、なんとか到着しました。


もう、「怪物くん」と「忍者ハットリくん」しか描かれていません。

まぁ、入ってみましょう。(入場料200円)

DPP_0503

館内に入るや否や、たくさんのキャラクターたちが迎えてくれました。

ちょっとテンション上がりますね!!!



特に、左下にいるハットリくんなんかは「でた!」とますだおかだのギャグ。

DPP_0504

そして、館内を進もうとしたときに、等身大?のハットリくんが!


まさか、さっきのハットリくんは影分身の術!?

漫画とテレビでは可愛い感じなのに、リアルはやっぱりこんなにでかいのか・・・騙されるところだった。

DPP_0505

「藤子不二雄 A まんが展」ではその名の通り、メインは漫画であり、原画が展示されている。

その原画は短編ストーリーになっており、読んでいて、今でも笑うことができる作品だ。


原画を拝むことができるなんて、最高です。

DPP_0506

まんが展の奥には、藤子不二雄A先生が仕事をしていた「トキワ荘」の原寸大モデルがあった。

「トキワ荘」とは、あの手塚治虫先生がいたあの場所だ!


こんな感じの場所だったんだねぇ。

DPP_0508

2階にも何かあるということで、階段を上ると「笑ゥせぇるすまん」と先生のサインがありました。

笑ゥせぇるすまんも藤子不二雄Ⓐ先生のなのね。

DPP_0507

さて、2階にはなんと約800冊を揃えたコミック図書館が!


ぼくは「プロゴルファー猿」を読んだことがなかったので、少し読んでみることに。

すると、なんて面白いんだ!ここにスポーツ漫画の原点がある。

こんなに面白い漫画をなぜぼくは今まで知らなかったんだ・・・。

DPP_0509

また、忍者ハットリくんなどのアニメも上映されていた。


それにしても「怪物くん」をかなり押しているなぁ。

さすが大野くん。

大野君さまさまだな。


もう、「怪物くん」が良いんじゃなくて、「大野くん」が良いんじゃないのか?

DPP_1707

漫画がすごい好きならぜひ来て見たいところ。

漫画をだらだら読みに来るのもいいし、各種キャラクターグッズも販売しているのでプレゼントにもいいだろう。

しかし、誰にあげたらいいんだろう?


近くには、藤子不二雄Ⓐ先生の生まれた場所「光禅寺」
「忍者ハットリくんのカラクリ時計」もあるので、そちらの記事もぜひ見ていってください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県氷見市中央町3-4
TEL 0766-74-8011
OPEN 10:00~19:00
CLOSE NO CLOSE

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る