パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

交通事故死者数は44人と戦後4番目の少なさとなった

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山県内の2014年の交通事故死者数が、去年と比べて9人減の44人だったという。

また、これは戦後4番目の少なさだそうだ。

PPG_dourotokurumaminicyua500

富山県警では、目標として「47人以下」を掲げていたらしいが、たまたまなのか取り組みが良かったのかわからないが、見事達成しました。

スポンサードリンク

県警の新たな取り組みとしては、県内193小学校区を対象に、高齢の事故当事者が少なかった校区を表彰するコンクールの実施。

冬季の事故対策ではキャンペーンで雪道を走るときの注意点を重点的に呼び掛けた。


また、14年の交通事故件数は、前年比297件減の4352件で、負傷者数は302人減の5036人でした。

県警は「14年の傾向を分析し、新年はさらなる事故抑止を目指す」としている。


これだけの車社会ですが、事故の最も少ない県にしたいですね。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »