パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

桃山運動公園にある謎のモニュメント「アウトサイドライン」

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


ぼくは今、なんでか知りませんが、魚津市の桃山運動公園にやってきました。

まぁなんですかね、なにかスポーツをしに来るのであればわかるのですが、ちょっと今の風景を見てください。

DPP_4544


とてもスポーツが出来る雰囲気ではありません。


ある人は言うかもしれません。

雪が大量にあっても、運動場でスポーツは出来ると。

しかし、考えてみてください。


雪が大量にあるサッカーを・・・野球を・・・マラソンを。

スポンサードリンク

ボールはまず、すぐ埋まりますよね。

あと靴に雪が入いります。

しかし、せっかく来たのですから、公園を探索したいと思います。

DPP_4551

早速ですが、赤いわけのわからないモニュメントを見つけました。

なにこれ。

DPP_4550

ただ、見つけてしまったらもう行くしかありません。


「そもそもなんでこんな雪の多いときに行くのか?」

と聞かれれば、ぼくはだんまりを決め込むしかありませんが、とにかく行かなければならないのです。


一回一回、雪を踏みしめるたびに膝まで雪がやってきて、長靴の機能を失いました。

DPP_4549

そうして、ようやく赤いモニュメントの頂上にやってきました。


なんていうか、すごく疲れました。

こんなにちょっと雪山を登るのに疲れるのに、冬に登山をする人はバカなんじゃないでしょうか。

DPP_4546

そして、その赤いモニュメントの先っぽがこちら。




もう、ますますなんなのかわかりません。


これがなんなのかわかりませんが、今日はいい天気です。

DPP_4547

モニュメントの下には、なんか展望台みたいなのがありました。

せっかくなので行ってみましょう。


足跡はモグラが通った道みたいになってます。

DPP_4548

そして、展望台から見た魚津市の景色がこちら。


冬は空気が澄んでいて、すごく綺麗です。

こうして見ると、魚津市ってけっこう建物がありますね。


あたりには誰もいませんが、なんか清々しい気持ちになりました。

DPP_4543

家に帰ってから赤いモニュメントについて調べた結果、

あの矢印の先端は、立山連峰と埋没林を結ぶ軸線上にあり、魚津の位置を示すらしいです。

あと、作った人は世界的建築家のダニエル・リベスキンドという、お前誰だよ。


暇な人は、ぜひ来てみてください。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »