なぜ黒部市にトキ!?実際に見に行ってきた

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


国の特別天然記念物となっているトキ。

黒部市では、新潟県佐渡市で放されたトキのうち1羽が、平成21年5月16日に飛来し、そのまま居ついて「トキメキ」の愛称も付けられて親しまれています。

スポンサードリンク

なぜ、黒部市にこれだけ長い間住み着いているのか?

放鳥されたトキの中には、海を渡ったものもいますが、佐渡以外で今も確認されているのは黒部のトキメキだけです。

鳥は、受精をしていなくても繁殖期を迎えると卵を産みます。

DPP_0593

トキメキは、つがいになっていないため、産んだ卵は無精卵で、ヒナがかえることはありません。

お相手がいないため、かえることのない卵を産み続けるトキメキ。

黒部のトキは1羽で棲んでいてかわいそうとか、雄のトキがくればいいのにとよく聞くが、
人だって結婚しないより、するほうがいいとは限らない。

佐渡島に帰した方がいいのではという意見もあるが、
黒部市にトキが在ることは、黒部の自然を愛し、黒部の人達が安心してトキが暮らせるようにしているからなのだと思う。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る