パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

地震があっても富山県だけ震度が極端に小さい理由

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山県のとなりの長野県で震度6弱の地震が発生しました。

しかし、富山県はというと震度3


一体、なんでだ。

DPP_0746

実は、その答えは立山周辺の地下にあります。


立山連峰を含む飛驒山脈の西側(富山県側)と東側(長野県側)で地震波を観測すると、地震の波が山脈の下を通過するとき、その波が非常に小さくなってしまう。

2014年の今回の地震だけでなく、過去の地震から見てもこのような現象は起きています。

不思議に思った地震研究者が、特別な測定器で重力を精密に測定すると、他の地域に比べて、立山周辺は重力の値が小さくなっているのです。

img_dc01
「画像引用 yahooニュース」

そもそも活火山の地下には、マグマだまりと言われるマグマの貯蔵庫があります。

そのマグマだまりの影響で、地震が小さくなるのではと考えられていますが、他の活火山ではこのような震度が小さくなるという現象は見られません。

ただ、立山周辺の重力値が小さくなる度合いは、ただのマグマだまりでは説明できないほど大きいのです。

スポンサードリンク

よって、現在考えられている有力な説は、以下である。


1.水を大量に含んだマグマ

2.水を大量に含んだ無数の細かい穴があいた岩石

3.それらが組み合わさったもの


このようなマグマが地震の波を吸収して、富山県まで波がやってこないと考えられています。

ただ、現在の調査では、それがなんなのかということは、はっきりわかっていません。


なにはともあれ、富山県民は、立山連峰に守られているということ!

しかし、日本海側か直下に震源が来ればどうなるかわかりませんので、油断は禁物です。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る