パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

神秘的すぎる「ほたるいかミュージアム」に行ってきた

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、みなさんは富山県の魚をご存知だろうか?

正解は、ホタルイカ・白えび・ブリなのですが、特にホタルイカは富山の名物として有名です。

しかし、実際に生きたホタルイカを見たことある人は、全国に何人いるだろうか?

DPP_0314

そうして、やってきたのが滑川市にある「ほたるいかミュージアム」


ここには、ホタルイカを食べることができるレストラン「光彩」や「足湯」があったりする。

ホタルイカを見た後に、ほたるいかを食べるって、人間はすごいな。

DPP_0315

さて、レストランのことは無視して、入口にやってきました。


「HOTARUIKA MUSEUM」


これは国際デビューも見据えての表記!

DPP_0321

さて、入園料を800円払い、館内へ。


博物館内はまず、二階から進むことになっている。

二階には、ホタルイカのシアターとホタルイカの写真。

そして、このミュージアムの歴史などが展示されている。

DPP_0323

そして、一階に進む道には、ホタルイカ。

いや、ホタルイカの生息している深海をイメージした通路となっている。


なに、この光ったキノコは。

これは椅子か?


ちなみに、この光ったキノコに座ると、すごいお尻が光ったように見えるのでオススメです。

DPP_0322

続いて、道を進んでいくと、ホタルイカの大きな写真が。




ちょ、こ、こわいこわい・・・


こんなにいっぱいいると少し気持ち悪いな。

DPP_0324

そんで、一階にやってきました。


一階では、ホタルイカ漁港の記念撮影をするところやホタルイカの一生がわかるものなど、たくさんの展示物があった。

ホタルイカの生態なんて知らないよね。


そもそもイカの生態すら知らなかったからね。

DPP_0320

そんな多々ある展示物の中には、こんなものまでも。


わたしは手を入れると、そういう夜のお店のやつが触れると思ったのですが、全然そんなことはありませんでした。

それは手を入れてみた人だけにわかる仕掛けがあります。

DPP_0318

そうして、館内の最後らへんに来て、やっと会えました。


生きたホタルイカ!


おー写真で見たものより綺麗で可愛い!

あと、思っていたより大きいイカだと知った。

DPP_0316

さらに奥には、なんとホタルイカに触れることのできるスペースがあるではないか!?

しかも、水槽には魚やカニなどもいた。

・・・いや、魚とカニいらないでしょ。


よし、わたしも早速、ホタルイカに触ってみよう!

DPP_0317

・・・。




えっ、なんか怖くない?


ちょっと、あの、その・・・触れなかったです。

また、今回のメインイベントである「ホタルイカの発光ショー」に行きました。


やはり神秘と言わざるを得ない綺麗さだった。

まさに、海のホタル。

撮影は禁止でしたが、写真で見るのと実際に見るのとでは、やはり違いがあったね。

DPP_0325

生きたものを扱う水族館として考えると、とてもリーズナブルな値段である。

ぜひ親子で行きたいね。

ホタルイカ、初めて見たよ。

また、春の富山湾名物といえば、「ホタルイカの身投げ」

もうすごいので、ぜひそちらの記事もご覧ください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県滑川市中川原410
TEL 076-476-9300
OPEN 9:00-17:00
CLOSE 火曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »