パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

可愛い黒ネコと優しい料理に包まれよう「Nolla Cafe(ノラ カフェ)」

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、もしも、可愛い女の子と一緒にご飯を食べることができたなら。


もうそんな状況なら、どんなにまずい料理でも美味しくなるはず。

だって、可愛い子がいるから。

スポンサードリンク

車にはねられて、血まみれ、ふざけんな!殺す気か!って状況でも許しちゃう。

だって、車から出てきた子が可愛いから。


そんな不思議な化学反応を起こす第一弾。

DPP_4064

本日の舞台は、富山市にある「Nolla Cafe(ノラ カフェ)」


富山市にあるドンキホーテから200mくらいの場所にあります。

ただ、すごく住宅街に調和していて、なかなかわかりにくい。

しかも、駐車場は4つしかないので、できるだけ相乗りで来ましょう。

DPP_4065

そして、今回のぐるめっ娘のマイコさんです。


普段は、WEB会社で働いている理系女子だ。

服に書いてあるTAGという文字が気になってしょうがない。

しかし、これはWEB業界の人にしかわからないコードなのかもしれません。


早速、なにか注文してもらいましょう。

DPP_4066

こちらのお店では、いろんなセットメニューがある。


その中にあるのは、煮込んでいないけれども煮込まれたスープ

アイルランドの発酵いらずの自家製ブラウンブレッド

そして、ヘルシーそうなカリーだ。(わすれた)


そんなに種類は多くないので、ここは、全種類頼むっきゃありません。

DPP_4067

そして、やってきたランチセットがこちら。


ものすごい健康そうですね。

予想以上に健康そうだったので、ビックリして心臓に負荷がかかり不健康になるところでした。

ただ、胃が弱い人にとっては、最高ですね。


「いただきますー!」

DPP_4068

この笑顔があれば、なんでも美味しくなりますね。

マイコさん自身も、なんでも美味しそうに食べるし。


ちょっと、こっちを見てください。

DPP_4072

「んっ。」


はい、ありがとうございます!


めっちゃモグモグしてますね。

そして、ほっぺがもっちゃもちゃです。

かわゆす。

DPP_4079

今度は、クスクスという謎の料理。


ヨーロッパなどでよく食べられ、小麦粉から作る粒状の粉だそうです。

変わった名前ですね。

なんか笑われているような料理です。


遠くから見ると、シリアルコーンフレークみたいですけど、味はどうですか?

DPP_4071

「食べます?」


えっ?

どうしようかなぁ・・・(自分のあるしなぁ)


まぁ、こんなシュチュエーションの写真もありですね。

DPP_4074

さて、店内はというと、こんな感じです。


全部、木でできていて、温かみのある空間です。

そんな空間の左端で、マイコさんは一体なにをしているのでしょうか?


ちょっと、完全に見切れてますよ!

DPP_4078

なんと、クロネコがいました。


実は、Nolla Cafeではネコを飼っており、お店に解放している。

名前はハチというらしい。

日なたで気持ち良さそうに寝ています。


一度で良いから、ネコという人生を歩んでみたいものです。

そして、堕落したい。

DPP_4076

ちなみに、ランチセットにはデザートも付いています。


紅茶やコーヒーなんかを飲むと、カフェって感じしますよね。

真剣に紅茶を注ぐ姿も素敵です。

その、なんていいますか、ポットの蓋を支える二本指がすごい良いですね。


何が良いのか伝えづらいですが。

DPP_4075

ということで、本日はありがとうございました!

「また、何かあればまたよろしくお願いします。」

こちらこそ!


ごちそーさまでした。

DPP_4063

本日、撮影したNolla Cafeでは、たくさんの猫の本や絵本、料理本などあり、

クロネコと戯れることもできる。

つまり、すごくまったりできる空間となっています。


ぜひ、そんなひとときを過ごしに、Nolla Cafeに来てみてください。


また、「友達が可愛いから、彼女をモデルにしてほしい!」って人をどしどし募集していますので、そんな素敵女子さんがいましたら「モデル募集」まで気軽にご連絡ください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市掛尾町345
TEL 076-456-2176
OPEN 11:30~20:00
CLOSE 木曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »