パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

大岩山そうめん激戦区にある老舗旅館「だんごや」

どうも、編集長のサクラです。


みなさん、最近、息抜きをしていますか?

日々、忙しく過ごしているみなさんもたまには、だんごでも食べて一息したいですよね。

だんごといえば、昔、「だんご三兄弟」が一時めちゃくちゃ流行っていました。

日本中が、だんご三兄弟に夢中になっていくにつれ、私は今後、日本は崩壊するだろうと予想していました。


しかし、ブームは去り、洗脳が解けてホッと一息です。

DPP_3978

ということで、本日はだんごを食べに、上市町の「大岩山日石寺」にやってきました。


ここは、なんか石の象がお寺に引きこもっていることで有名らしいです。

早く、社会復帰させてあげられたらいいですね。


それで、そのだんごやが「だんごや」

ちょっと、アレだったかもしれないのでもう一度言うと、今日、ご紹介するだんごやは「だんごや」です。

DPP_3981

まさか、団子屋の名前をそのまんま店名にしてしまうとは。


いってしまえば、人間に「にんげん」って名前をつけるくらいの横暴です。

そして、にんげんと名付けられてしまった者は、「にんげん」と呼ばれるたびに「いや、お前もだろ!」と、突っ込む日々を送るのでしょう。


だんごやの店内は、すごく落ち着いた昔の宿屋って感じです。

DPP_3979

さて、メニューを見てみましょう。


岩魚、山菜、そうめん・・・。




だんごメインじゃなかった。


ちなみに、ここ大岩山日石寺周辺は、そうめんの激戦区になっており、そうめん屋さんが7店もひしめいている。

ラーメン激戦区は聞いたことあるけど、そうめんて初体験だわ。

DPP_3982

ということで、まず、そうめんを食べてみることに。


おぉ、ダシが変わった味だなぁ。

さらに、話によると、ここのそうめんは3年も寝かせているらしい。


言われるまで気がつかないかったし、3年も寝かしたら、リハビリが必要だろ。。

まぁ、でも、アレです。




そうめんは、そうめんの味でした。

DPP_3984

今度は、岩魚。


やっぱり、川の綺麗なところでは岩魚がとれるからね。

うん。

おいしいね!


まぁでも・・・岩魚なんて、どこで食べても岩魚の味でしかありません。

DPP_3983

最後に、本命のだんごだぜ!


あずきがすごい大量にのっています。

しかも、串に刺さっているバージョンじゃなかったので、だんご三兄弟を彷彿とさせなくて良かったです。


どれどれ。




うん!もっちもちやで!


市販のだんごより、圧倒的に美味しい!

さすが、だんごやの中のだんごや、だんごがメインやで。

DPP_3980

ということで、このだんごやは、実は宿泊施設でもある。

そして、「大岩不動の湯」という温泉も経営している。

意外だった。


ちなみに、大岩山にはたくさんのそうめん店があるので、適当に行ってみてください。

そして、全店舗のそうめんを食べてみて、そうめんマスターを目指しましょう!


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県中新川郡上市町大岩32 ‎
TEL 076-472-2306
OPEN 朝から夕方
CLOSE なし

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »