パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

こんなイタリアン初めて!違いがわかる「イルデスコ」

注意:このお店は閉店しました。

どうも、編集長のサクラです。


富山市に、すごくオシャレなイタリアンがあると聞きました。

ただ、今朝はすごく疲れており、

レッドブルとモンスターエナジーを同時に飲むという、車のような食事をとりました。


そんなぼくが、オシャレなイタリアンとは、世の中わかりませんね。

DPP_3784

ということで、着いたのが、「イルデスコ」


なんか、ドラクエのラスボスみたいな名前ですが、

イタリア語で「食卓」という意味らしい。


すごく小さく、わかりにくい場所にある誰かさんの食卓。

そんな食卓へ、いざ行ってみましょう!

DPP_3783

店内は、すごくアンティーク感が漂っています。




しかも、見渡す限り、女子ばっか。


男子は大きなおっぱいに群がると言いますが、女子はオシャレなレストランに群がるんですね。

簡単な方程式です。

DPP_3785

そうして、ランチメニューは、3つある。


シェフのきまぐれコース・プリモコース・セコンドコース


まぁ、シェフのきまぐれは、その名の通り、その日の気分によって、料理を作ったり作らなかったり。

それで、プリモコースは、前菜とパンとパスタとデザート&ドリンクで

セコンドコースは、+メインディッシュがつきます。


どうでもいいですが、プリモってプリケツみたいで可愛いですね。

DPP_3787

まず、前菜がやってきました。


一口食べてみて、味の違いがわかる。




これは、ただの前菜ではない。


牛も香ばしいし、ソースも変わった味。

こんな感想で良いかな。

DPP_3788

続いて、パスタがやってきました。


見た目は、パスタとソースが絡み合っているだけというシンプルさ。

ただ、このシンプルさが逆にイヤらしい。


ぼくも、映画などで、色んな絡み合いシーンを見てきたが、

結局は、シンプルな絡みが一番美しく、イヤらしいのです。


あれ?




なんの話だっけ?

DPP_3789

そうして、パンを食べながらワイワイできる。


また、パンにオリーブをつけて食べるレストランは、ちょくちょくありますが、

このオリーブもまた変わった味。


とにかく、富山で食べることができない変わった味だ。


そして、美味い!

DPP_3790

最後は、デザートです。


見たとおり、器にもちょいとこだわっているのか、なんだこの形は。

平らなガラスの器に、隕石が落ちたような形状です。


それでいて、ピスタチオのソルベなんか出してくるすごいデザートだ。

普通、イチゴとかバニラとかだけど、ピスタチオだよ?




これは、なかなか良い仕事してはりますわ。

DPP_3786

ということで、今回は、可愛いプリモコースでしたが、

メインディッシュもいろいろあって、美味しそうでした。


ただ、値段が2100円からと、ぼくの月給では無理なので、あきらめました。


庶民には値段がアレですが、味を考えると全然リーズナブルでビックリです。

めっちゃ美味かったし。


ぜひ、デートとか女子会で使いたいレストランですね!


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市堀川小泉町1丁目7−2 APHビル 1F
TEL 076-491-5756
OPEN Lunch 11:30~14:00 Dinner 18:00~21:00
CLOSE 火曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »