ちょっと不思議な紅茶専門店「アナザホリデー」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山市の岩瀬にそれはそれは、怪しい紅茶専門店があるという。

スポンサードリンク

もう、ハリーポッターの紅茶大好きな先生くらい怪しい。

そのお店が「アナザホリデー」


名前も怪しい。

DPP_0279

お店の前にやってきました。


完全に怪しいです。

これは確信犯ですね。

なんですかここは。

しかも、夜に来てしまったので、なお一層怪しいです。


ちょっとコワイですが、中に入ってみましょう。

DPP_0281

恐る恐る店内に入ってみました。


めっちゃネコみたいな絵がこっち見てるし・・・。

雰囲気は、昭和のレトロですね。

なんだか、ボロそうな店内ですが、これはデザインですね。きっと。

DPP_0277

店内は、木造で、やはりレトロな雰囲気だ。

ポスターなどは外国語だったので、紅茶の生産地であるスリランカかインドらへんのものだろう。

ということは、あの怪しい猫もその国の神様か。

店内の柱の上にもいたし。


柱の上のやつは、ちょっと可愛いですね。

DPP_0274

早速、紅茶専門店の紅茶をいただくことに。


コップもこのお店専用のもので、なんとも可愛い。

シフォン(350円)、変わった紅茶(500円)、ここに来た思い出(プライスレス)


どうでもいいですが、写真の後方にいるカップルに腹が立ちます。

DPP_0273

先ほど、ネコみたいなのが怖いと言いましたが

このコップにあるデザインのネコちゃんは超可愛いです。

思わずアップで撮影しました。


紅茶を注文する際は「茶葉は入れたままでもいいですか?」と尋ねられます。

渋みが欲しい場合は、茶葉を入れて貰おう。

渋可愛系男子のぼくはもちろん茶葉を入れて貰った。


変わった味で、めちゃくちゃ美味い!

DPP_0276

紅茶はさすが専門店だけあって、種類が本当に豊富。

もともと大阪堂島のティーハウスムジカで働いていたオーナーは

紅茶をふるさと富山に伝えようと開業


鎖国化していた富山で紅茶が飲めるのも、アナザホリデーのおかげかもしれませんね。

DPP_0278

また、アナザホリデーは

日本紅茶協会「おいしい紅茶の店」にも認定されていて、新聞にも載っている有名店だ!


ただ、この新聞・・・。




紅茶じゃなくて、手作りジャムって書いてある。

紅茶をフュー茶リングしろよ。

DPP_0282

会計の際には、アナザ―ルーレットをして、当たりが出れば素敵なプレゼントが!

はずれでも、神様のお告げがもらえるよ!


オーナーの方が大阪出身だそうで、ビリケンさんがいます。

ビリケンさんも、一見、めちゃくちゃ怪しいですからね。


怪しいモノ好きな人には、打って付けのお店かもしれません。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山市岩瀬梅本町115
TEL 076-438-6303
OPEN 11:30-21:00
CLOSE 火、水曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る