パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

こどもと遊べる無限大な公園と施設「太閤山ランド」

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、みなさんは公園は好きでしょうか?


この現代社会を生きる上で、日々の生活や仕事に追われている人ほど、

何の意味も理由も無く公園で思い切り遊ぶことが必要なのではないでしょうか?

スポンサードリンク

思い出してください。

何も考えずにアホみたいに遊んでいられた幼少期の頃の自分を。




ぼくは、今もアホですけど。

DPP_3661

そんな現代社会の犠牲者であるぼくは、

今回、「太閤山ランド」というところにやってきました。


ちなみに、太閤山の名前の由来は、

太閤と呼ばれた豊臣秀吉が1585年に富山城の佐々成政を攻めた際に、この地域に陣を張ったことに由来する。


富山県に、


まさかの豊臣秀吉登場ですね。

DPP_3662

地図を見てみると、その大きさがわかります。

そう。

ここ太閤山ランドは・・・




めちゃくちゃ広い。


なにここ。

土地が余り過ぎて、需要と供給が成り立ってないですね。

DPP_3685

広すぎて、機関車モドキのバスが走っているほどです。




先っぽに乗りてぇー!


ただ、ぼくは、踊る大捜査線の「和久ノート」を思い出した。


・己の足を使って得たものは確実なものになる

・疲れるほど働くな

・なんてな


・・・ちょっとよくわかりませんね。

DPP_3666

ただ、読者はきっと、

バスでのんびり公園を周った記事なんて読みたくありませんし、

バスに乗るお金があったら、夕御飯のカップラーメンでも買います。




・・・歩くか。

DPP_3663

インドア派のぼくとしては、1兆対0という圧倒的大差でバスに乗りたかったのですが、

歩いてみないと見えない景色があります。


例えば、このヤバそうなカエル人間。




完全に、何かを悟っています。


ただ、職業はきっと、モデルでしょう。

DPP_3664

蚊が大量発生しそうな池には、スワンボートがありました。


なぜこんなに池が汚いのかはわかりませんが、

スワンボートに乗って、池にくりだしたは最後。


血という血を吸われ、色白になること間違いなし。


「赤十字病院に行って、献血しに行くくらいなら、おら、蚊に血をあげよう!」


というユニセフの人も驚くようなドMな方はどうぞ。

DPP_3665

そうして、池の近くを歩いていると、すごくシンメトリーな場所がありました。




美しい!


そう。

池が綺麗だったなら、美しかったろうに・・・。


先の方には、でっかいモニュメントがあるので、行ってみることに。

DPP_3667

はい。

なんですかね、これは。


右の方で、たくさんの女の子が、このモニュメントを背景に写真を撮っているので、

なんかユニバーサルスタジオの地球みたいなヤツなんでしょう。




実際は、指定の時間になったら噴水が出るシステムになっており、

出ていないときは、地球っぽいアイツの中に入れます。


中は、全面鏡で、暑いです。

DPP_3669

今度は、メロディー階段という面白そうなモノを発見しました。


どうやら、バネがついているところを押すと、パイプにあたり、メロディーが流れる

とっても簡単なお仕事です。


のぼり階段は「ふるさと」で、くだり階段は「さくら」という飽きさせない構造!




これは、朝から晩まで、階段を登り降りしちゃうなぁ。

DPP_3670

ということで、実際に、メロディーを奏でてみることに。


カン、コン、カン・・・。




おぉ、ちょっと楽しい。


ドレミファソラシドの場所さえ網羅すれば、他の曲も披露できます。


無駄に、カノンとか奏でて、ライバルたちと差をつけよう!

DPP_3671

そうして、チンコンカンとうるさく階段を登っていくと、「こどもみらい館」というところにやってきました。




こども・・・みらい館?


こどもには、めっぽう社会の厳しさを教え込ませる僕としては、


「がんばれば夢は叶うよっ!へへっ!」


というギター片手に路上ライブをしているような場所だったとしたら、

そいつに、上腕二頭筋でかち込んでやろうと思います。




ただ、こどもみらい館は、ぼくの想像とは全く違う場所だった。

DPP_3672

館内に入ると、それはもう、建物全体がアスレチック!


なんじゃここ・・・。




めちゃめちゃ楽しそうなところやん!


そんなバカな。

富山にこんな楽しい場所があるなんて、信じられません。


小さな子どもたちを差し押さえてでもアスレチックで遊びました。


同時に、そうすることで、弱肉強食の社会を子どもに刷り込ませておきました。

DPP_3673

また、ここには、アスレチックだけでなく

料理もできるし、パソコンも使え、幼児コーナーでは授乳場所もある。


ということは。




ココ住めるな。


もし、こどもみらい館に、ホームレスのような人がいたのなら

ぼくと思ってもらって構いません。

DPP_3677

こどもみらい館で、軽く7時間遊んだ後に向かった先は、コレ。




なんかすごい建物ですね。


コレは、太閤山展望塔という、なんのセンスの欠片もないネーミングですが

あの近未来的な形は、素晴らしいですね。


早速、行ってみましょう!

DPP_3680

エレベーターに乗って、到着しました。


いやー、両面ガラス張りで、すごい光景です。

まるで、宙に浮いているみたいです。


これは良い場所を見つけました。

1人で本を読みに来るには、素敵過ぎる場所ですね。

DPP_3679

そして、太閤山ランドの方を見てみました。


いやはや。


こちらも素晴らしい景色です。


ここから海も見えますし、目の前にマリリンモンローがいたのなら、パンツも丸見えです。

DPP_3681

さらに、通路には、底がガラス張りの場所がありました。




こえぇー・・・。


こういうのって、安全だと思っていてもコワイですね。


仮に、このガラスの場所が、落とし穴だったのしたのなら、

建築家のお茶目心に、命を犠牲にしてしまいますね。


建築家がお茶目じゃなくて良かったです。

DPP_3678

そうして、1人ではしゃいでいると、カップルを発見しました。


ぼくという存在を差し置いて、びっくりするくらいイチャついています。




いらない何も捨ててしまおう 君を探し彷徨うマイソー!


先ほど、1人で本を読みに来るには、素敵過ぎる場所ですね。

と言いましたが、撤回します。


ふざけんなよ。

DPP_3683

そして、ぼくは、さらなる何かを求め、川をたどっていきました。




川の終着点、汚ねぇ・・・。


そろそろ、この公園にも飽きてきました。

この際、はっきり言いたいです。


大人1人が公園に来て、楽しいわけないでしょ。

DPP_3686

その後も、普通の公園っぽいところで、たそがれてみたり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プールで泳いでたってしまって、なかなか外に上がれなかったり、

DPP_3684

謎の恐竜たちを見て、人生を考えたりしました。


なんだよこいつ。

アジサイみたいな顔しやがって。

DPP_3674

というか、記事を書くのが疲れてきました。


あと、太閤山ランドでは、6月下旬に「アジサイ祭」というイベントが行われており、なんと70種、20000株のアジサイが咲き乱れている。

ぜひ、そちらの記事も見ていってください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県射水市黒河4774-6‎
TEL 0766-56-6116
OPEN 9:00〜17:00
CLOSE 火曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »