剣岳の奇跡の水が無限に飲める!「穴の谷の霊水」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


生命にとって、必要不可欠である水。

そんな水は、人間の体の60%を占めていると言います。

スポンサードリンク

つまり、もし綺麗な水を飲めば、その人は60%綺麗になり、ドブ水を飲めば、その人は下痢になるでしょう。

水って大事ですね。

DPP_3619

そんなわけで、ぼくは今、上市町の山奥に来ています。

実は、ここには、世界でも珍しい「奇跡の水」が存在するという。

DPP_3606

それが穴の谷の霊場にある「穴の谷の霊水」




一見、完全にヤバそうな名前の場所です。


水には、霊を呼び寄せる力があるらしいので、もしかしたら、霊がブレンドされた水なのかもしれません。

DPP_3607

入口には、水を大量に持ち帰れるように、ポリタンクが売られており、台車の貸し出しも行われていた。




どんだけ水欲しいんだよ。


水なんて、水道をひねれば出てくるし、スーパーにも売られている。

しかし、そう、鮮度が違うのです!

DPP_3608

とは言っても、ぼくは力がないので、手ぶらで穴の谷の霊水へ!


実は、穴の谷の霊水は、駐車場から400mもの道のりを歩いて到着する。

ほんと水辺まで道を作ってほしいです。

ただ、そうしてしまうと価値が激減するので、あえての徒歩ですね。きっと。

DPP_3609

ただ、そんな山道は、結構舗装されていて、「普通に車でいけるんじゃね?」と思ってしまう。

台車は通っていいのに、車はダメなのかよ。

年寄りには、厳しい道のりじゃわい。

DPP_3610

道端には、相も変わらず、お地蔵さんがたくさんいます。


はっきり言って、コワイです。

お地蔵さんコワイです。

なんか見た目はおっさんのくせに、小さいところがコワイです。


そういえば、入口でパンフレットをもらったので、見てみましょう。

DPP_3612

えーっと・・・。




カルシュウム


ちょっと待て。

なんか、ボクサーがパンチするときに、よく口ずさむ擬音があったような。


もう一度見てみましょう。

マグネシュウム・ナトリュウム・カリウム




カリウムだけ普通やないか!

DPP_3613

ぼくの知っているカルシウムやマグネシウムなどは入っておらず、カルシュウムなど、新しい物質が入っていた。




これはすごい水に違いない。


道端には、どんどんお地蔵さんも増えてきて、きっとこれは、穴の谷の霊水が近づいている証拠でしょう。

お地蔵さんも水を求めて、動いているのでしょう。

DPP_3614

そうして、ようやく到着しました。


だいたい徒歩10分くらいです。

ただ、奇跡の名水がここにあるというのに、なんかCokeColaの自動販売機があるような・・・。


いや、気のせいですね。

DPP_3615

そうして、こちらの階段を登れば、奇跡の水です。


宗教的なニュアンスは否めませんが、水をいくら飲んで無料ということで、大量に飲もうと思います。

ネット情報によれば、20Lで4000円で販売されていたので、軽く、1万円くらいは飲みたいですね。

つまり、50Lです。

DPP_3616

そして、こちらがようやく表れた「穴の谷の霊水」


ドラゴン的な何かの口に、ホースを突っ込んで、そこから水が出てきます。

ホースを突っ込まれたドラゴン的なやつも、どこか気の毒な感じですね。


また、話によれば、奥の洞窟から湧き出ている水をホースでここまでもってきているんだって。

近くには、紙コップが無料であるので、そちらを使い飲んでみることに。

DPP_3617

ゴクッ。




これは、硬いな。


飲んだだけで、コントレックスのような硬い水だということがわかる。

それは、きっと、カルシュウムやマグネシュウムなどのせいだろう。


さすが奇跡の水。

ひと口飲んだだけで、なんか強くなった気がします。

DPP_3618

先ほど、ポリタンクで汲みに来る人もいると言いましたが、なんとここには、そんな重い荷物を持つ人のために、コンベアーまで付いている。


ただ、これはこれで、またお金がかかります。

ふざけんなよ。

DPP_3611

ということで、ぼくは結局、3杯くらいしか水が飲めませんでした。




もう、お腹チャプチャプ・・・。


道のりは怖かったですが、日本の名水100選にも選ばれるすごい水

車のナンバープレートを見れば、遠方から来ている人もいた。

ぜひ、剣岳の奇跡の水を飲んでみたい人は、ネットでも買えますが、来ても面白いですよ。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る