海王丸パークで最高のランチを!「FELISCENA(フェリシーナ)」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山の人なら、誰もが知っているだろう「海王丸パーク」

そんな船である海王丸は、世界の人々から「海の貴婦人」と呼ばれており、だいたいは、帆がたたんである状態でいる。


人間でいえば、スカートがめくれた状態といっていいでしょう。

スポンサードリンク



なんて淫乱な船なんだ。


しずかちゃんもビックリなくらいのスカートめくれ率です。

DPP_3497

そんな海王丸の横に、なんともオシャレなレストランがある。


その名も「FELISCENA(フェリシーナ)」


イタリアンなのかフレンチなのかわかりませんが、オシャレなのは確かです。

また、海王丸と新湊大橋が望める富山随一のロケーションとなっている。


これは良さそうなところだなぁ。

DPP_3498

ランチのメニューや値段などもしっかり書かれており、

ぼくみたいにお金がない人でも、値段を見て、安心して入ることができる。


財布を確認して、2000円くらいあったので、余裕でOKだ。

ただ、ディナーとなると4000~10000円となっており、余裕でNGです。

DPP_3499

レストラン内は、白を基調としており、すごく綺麗です。


しかも、デザインは、女子が好きそうな淡い色に、ほんのりした明かり。

BGMは、よくわかりませんが、いい感じです。


まさか、ここがあの富山県だとは誰も思わないでしょう。

DPP_3501

ランチメニューは、前菜とメインディッシュとデザートからなっており、

ドリンクとパンがついてきます。


まずは、前菜がやってきまいた。


野菜がすごく冷え冷えで、美味しい。

しかも、こいつらもまた淡い色で攻めてきたなぁ。


食べ物すら、淡い色とは、恐れ入ったよ。

DPP_3503

続いて、ピッツァ。


今度は、アツアツのモノがでてきて、その温度差のギャップで風邪を引きそうです。


まぁ、写真でわかるように、相当アレです。

ただ、1人で食べきるには、多いので、誰かと食べましょう。

DPP_3504

そんなぼくは、今度は、お肉を食べることに。


もう、ウマすぎて、毎日寄り添っていたいくらいのお肉です。


もし僕が生まれたてのヒヨコだったら、

このお肉を自分の親だと思って寄り添う事になっていたかもしれません。




それはそれで、悲し過ぎますね。

DPP_3500

そして、窓の外を見ると、今日もスカートがめくれた状態の海王丸が。


もうあれは、スカートがめくれているどころの騒ぎじゃないな。




あれは、完全に全裸だ。


毎回、スカートが丸見えのワカメちゃんもビックリですね。

DPP_3502

そして、パンを食べながら、コーヒーを飲む。


これが大人のランチというものだ。




ここで、もし海王丸が人間の女性だとしたら、完全にそういうお店になってしまいすね。


海王丸が船であることに感謝です。

DPP_3505

FELISCENAでは、ウェディングプランや二次会でも使えるプランもある。


さらには、二人だけの特別なひとときのために、とっておきのディナーもご用意!

個室もあるので、長寿のお祝い、歓送迎会などから、ママ友とのお子様連れのランチなどにも使える。


海王丸の淫らな姿を見ながら、ご飯を楽しみたいおじさんもぜひどうぞ!


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県射水市海王町8 海王丸パーク
TEL 0766-84-3377
OPEN 11:00〜22:00
CLOSE 水曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る