パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

バラでお姫様気分!? 氷見あいやまガーデンが楽しい

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、様々な花を楽しむことが出来る「氷見あいのやまガーデン」をご存知だろうか?

特に、5月~6月になると、美しくトゲのある花「バラ」が見頃を迎えます。


こりゃ、見に行くしかない!

DPP_3477

ということで、氷見市までやってきました。

わたしは、富山県のバラ柄のインテリアだけを扱っている「ローズガーデン」に行くくらいバラ好き。

鉢植えで作ったロボットみたいなやつが、めっちゃ可愛いです。

DPP_3476

氷見あいやまガーデンは、一年を通して、いろんな花が咲いているのですが、この時期はバラということで、チケットもバラです。

チケットも、ものすごいさわやかなデザインですね。

入園料は800円です。

DPP_3491

氷見あいのやまガーデンはすごく広く、迷子になりそう。

しかしすぐに、ローズガーデンという文字を発見したので、早速行ってみましょう。


事前情報によると、240種3000本を越える多種多様なバラがあるようだ。

DPP_3485

入り口にあるローズガーデンには、なにやら鐘がありました。

パンフレットによると、ここではウェディングなどもしており、鐘やレストラン、そして、一面の花があり、人気のウェディングスポットらしい。

DPP_3484

そして、園内には、大量のバラが!!!

赤やらピンクやら黄色やら、たくさんの種類と色のバラがある。

そして何よりも




香りが最高!


もう、ここで蝶になって、一生暮らしたい。

DPP_3482

道行くところは、バラ、ばら、薔薇。

バラ園に飛び込んで、ズタズタになりたって死んでも後悔ありません。嘘です。

DPP_3481

この丸っこいピンクのバラなんて、超可愛い!


そのまま食べちゃいたいくらいです。

これだけ可愛い子を見ると、足下も気になっちゃいますよね。

ちらっと、生足を見てみましょう。

DPP_3492


・・・これは、ダメ。


これぞまさに、「綺麗な花にはトゲがある。」

ルパン三世の言っていたことは本当だったんですね。

DPP_3488

今度は、バラのトンネルを発見。

なんだか貴族になったかのような気分です。

もう、すごいバラの数です。

DPP_3483

いやー、ローズガーデン楽しかったなぁ。

ちょっと小川で休んでみた。

6月やのに、暑すぎだし。

ふと横を見ると、みんなここらへんの日陰で休んでいた。


ちなみに、この時点で、氷見あいやまガーデンの1/4くらいしか見ていません。

DPP_3480

気を取り直して、今度は、違うフロアへ!


こちらは、天気がよければ、氷見市街地を一望できるのだ。

ただ、今回は黄砂がすごくてそこそこです。

DPP_3487

そして、階段を下ると、なんと!?


また、バラがありました。まだあるのかよ。

これはカラフルで楽しいし、ローズガーデンじゃなくてもバラがあるんですね。

DPP_3489

さすがに、もうバラを一生分見た気がするので、何か面白いものを探すことに。


むしろ、花を避けながら歩き出した。

きっと、花以外にも魅力はたくさんあるはず。

DPP_3490

まずは、すごくにらみつけてくるこの生物。


首と顔の境界線がわかりません。

西洋の動物でしょうかね。

DPP_3493

次に、この木に刺さってるやつ。




完全に、ドーピングしてます。


スポーツ界では、ドーピングは禁止されていますが、植物界では、すごいドーピングされています。

きっと、ムキムキの木ができるのでしょう。

DPP_3494

そんなドーピングされている木々の周りには、なんか吊るされていました。


一見、ちょっとアフリカ民族の祭のような光景ですが、なんですかね。

なんかサルみたいなモニュメントが多いです。

もし、このようなよくわからないモニュメントを吊るすために、木をドーピングしているとしたら、そういう祭なのでしょう。

DPP_3495

また、氷見あいやまガーデンには、子どもの広場というところがあり、ジャングルジムやシーソーやブランコなどがある。


しかも、これらの配色が、黄色、水色、赤色とまた可愛いのである。

さらには、すべて木でできているというネイチャーぶり。

DPP_3496

そして、最後には、昆虫たちを撮影するという、全く方向性が変わってきました。

チョウチョも遠くから見ると綺麗なんですけどね。

DPP_3486

ということで、氷見あいやまガーデンは、花だけでなく、いろんなモニュメントや生物たちを楽しめる空間となっていた。


ということは、花に興味がない人も楽しめるってこと。

まぁ花が嫌いな人が、わざわざ花園には来ないでしょうけど。

DPP_3478

ということで、「ローズガーデン」をはじめ、シンメトリーな美しさを見せる「フォーマルガーデン」、世界の名園を模した「ブッチャート風ガーデン」など、たくさんの花園がありました。

ぜひ、西洋の雰囲気の漂う氷見あいやまガーデンに、貴婦人と来ましょう!


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県氷見市稲積字大谷内112-1
TEL 0766-72-4187
OPEN 9:00-17:00
CLOSE 年末年始・臨時休業あり

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »