チューリップ公園にある「砺波市美術館」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山県には、各市町に、美術館がある。

ないのは、舟橋村くらいだろう。

スポンサードリンク

今回は、となみチューリップフェアのついでに「砺波市美術館」にやってきました。


本当は、美術になんて興味ないんだけどね。

DPP_3294

さすがに、チューリップフェアということで、たくさんの人がいます。


なぜか、富山のゆるキャラでも何でもないフナッシーの絵がありました。


例えば、ゆるキャラで有名な「くまもん」は、ご当地くまもんが現れるくらい有名になってしまい、

もはや、地元に貢献しているのかわかりません。

ご当地ゆるキャラは、地元にお金を集めるという役割を担っていますが、

くまもんは、まさに、金儲けの道具と化してしまいました。


まさ、フナッシーは、非公認だからいいのか。

DPP_3292

そんな砺波市美術館に行こうとすると・・・。


なんと、今だけ無料で入れるそうです!


やったぜ!!!

ぼくは、無料が大好きで、スーパーの試食コーナーで半日は時間が潰せるほどです。


今回も、無料で入館できるということで、半日は入り浸りたいと思います!

DPP_3299

入口には、野口謙蔵というよくわからない人の展示会がやっていました。


そこで、ウィキペディアで調べてみると、有名そうな人だとわかりました。

全然興味はありません。

ただ、無料ということで、しぶしぶ見ることにした。


無料だから・・・。


実は、無料という言葉は、恐ろしい言葉で、

興味のないことでも、無料ということで見てしまうのです。


なんか、朝のテレビで、こんな宣伝してる化粧品とかサプリメントとか多いなぁ。

DPP_3293

また、企画展以外にも、ここには、常設展があり、謎のモニュメントもたくさん。


このボールみたいなのは、階段らへんにあったのですが、何なんですかね。

マンモスの金玉の化石みたいな形と大きさです。


一見、マンモスの金玉の化石のように見えるこのモニュメントも

美術館にあるというだけで、芸術作品になるらしい。


もしくは、はじけ損なったポップコーンの末路ですね。

DPP_3296

そうして、美術品を舐めるようにしてみた後、てっぺんに行ってきました。


すると、上からチューリップの花でできたタペストリーが!?


はっきりいって、何の絵か全然わかりませんが、

チューリップの花の末路は、コンクリートの上で枯れ果てるのですね。


この絵を見て、だいたいチューリップが、黄色、白色、赤色、青色、ピンク色であることがわかります。

チューリップの歌では、あかしろきいろでしたが、青色とピンク色も主流なんですね。


ピンクだけ、カタカナで、どうしてもヤラシイニュアンスになってしまいますね。

DPP_3295

また、最上階には、カフェがあります。


美術には、カフェが付きものですね。

あのルーブル美術館も

「ここは、カフェです。となりには、ちょっとした美術品があります。」

と粋な言葉が書いてあった。


まぁ、ルーブル美術館と砺波市美術館を比較してはいけませんね。

DPP_3297

また、ここからは、五連水車が見える。


すごい勢いで水が流れているのですが、ちょっと下流に行くと、水の勢いはどこへやら。

こいつなんかまったり動き過ぎて、水車にコケがついてしまっている。


ぼくも同じように、使っていないあそこにコケが生えていますしね。

DPP_3298

ということで、チューリップフェアじゃない日とかは、一体どうなのか知りませんが

いろんな企画展とかがあるのでしょう。


また、近くには、「チューリップ四季彩館」「旧中嶋家」もありますので

そちらの記事もごらんください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県砺波市高道145-1
TEL 0763-32-1001
OPEN 10:00-18:00
CLOSE NO CLOSE

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る