まさに絶景!富山で一番のパノラマビュー「クリーンセンター展望台」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


本日はなんとゴミ処理場に来ました。

ふとカレンダーを見ると今日は休日。

空は晴れていて絶好の行楽日和です。

スポンサードリンク

同じ大学だった友人は、彼女とハイキングに行っているらしく、先程写真が送られてきました。




かたや僕は、一人でゴミ処理場に来ています。

DPP_3421

そのゴミ処理場が「富山地区広域圏クリーンセンター」です。


ただ、ぼくはここに、ゴミを捨てに来たわけでも、

先ほど送られてきた写真が保存されている携帯を燃やしに来たわけでもありません。




実は、富山の絶景を見に来たのです!

DPP_3420

Aさん  「おい、サクラは富山のゴミ山を絶景と言っているのか?」

Bさん  「サクラは、いよいよ、アレになってしまったんだね。」

Cさん  「私の恥ずかしいゴミが映ってたらどうしよう!」


そんな読者の声が聞こえてきます。


まぁ、ちょっと待ってください。

ぼくだって、ゴミ山を見たいわけではありません。

DPP_3422

実は、ここ富山地区広域圏クリーンセンターには展望台があるのです。


館内に入ると、展望台と玄関への矢印があります。

玄関とか、誰かの家みたいやな。


ゴミ処理場が家とか、クッキーモ○スターみたいですね。

ただ、あいつの家は、ゴミ箱なので燃えずに済んでいます。

DPP_3423

さて、そんな展望台への矢印を頼りに進んでいくと、細道になっていきました。


えー、これあってるの?


もしこのまま周辺をウロウロしていたのなら、警察に通報されるか、そのままゴミと間違えられて、燃やされるかのどっちかです。

世の中には、ゴミのような人間はたくさんいますが、ぼくは、人間のようなゴミなので、間違いなく燃やされる方になるでしょう。

DPP_3424

すると、ようやく入口を発見しました。


入口には、定年退職を迎えて暇なのか、お年寄りが受付をしていました。

きっと、ゴミ処理場の天下り先は、展望台の受付なんだね!


ということで、おじさんに軽く会釈してからエレベーターに乗り込みました。

目指すは9階の展望室です。

DPP_3425

エレベーターという名の暗い洞穴から抜け出すと、1つの光がありました。


ぼくは、無我夢中でその光を追いかけた。

一体、どんな夢や希望が待っているというのだ。

DPP_3426

そうしてたどり着いた景色がこちら。




あの山ばかりの富山県が、水平だ。


なんという景色でしょう。

富山市を通り越し、海が見え、能登半島まで見えます!


これは、富山で一番見晴らしが良い景色や。

DPP_3427

そうして、もう1つお伝えしたいことがある。


それは。




360°のパノラマビューが楽しめるのである!


つまり、先ほどの景色が富山市だったので、後ろの立山連峰も丸見えです。


マジか。


すげー展望台見つけちゃったなぁー。

DPP_3430

こちらがその立山連峰。




あれ?

なぜでしょう。


先ほどと比べて、あまり感動はありません。


あっ、そうか。




山なんて、見慣れてるからかぁー!

DPP_3428

ここの入館料は、無料ですが、この双眼鏡も無料です。


やったぜ!


この双眼鏡で、しずかちゃんの入浴シーンみたいなのが見れるんじゃないか?




1時間くらい粘って、最後は太陽の光で目を負傷しました。

DPP_3429

いやー絶景でしたね。

人工物ですけど。


他にも、富山の絶景ポイントをまとめた「見晴らし良い絶景スポットベスト7」もありますので

ぜひ、こちらも参考に、人を見下す喜びを味わいましょう!


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県立山町末三賀103-3
TEL 076-462-1187
OPEN 9:00-17:00
CLOSE 年中無休

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る