小矢部を一望できるカフェレストラン「亜鳥舞 (アドリブ)」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


みんな大好き小矢部市にやってきました。

スポンサードリンク

小矢部市と言えば、メルヘン建築やアウトレットモールができることで有名ですが、


全然、人がいません。




なんででしょうか?

DPP_3348

そんな小矢部でオシャレなレストランを探したところ・・・。


ありました。


その名も「亜鳥舞 (アドリブ)」


名前は、四露死苦みたいな感じで、アレですけど、外観はローマ字でした


ややこしわ!

DPP_3351

ただ、店内に入るなり、オシャレです。


名前は、アレでしたが、店内はオシャレです。

どうやら、結婚式の二次会でも使用されるみたいで、道理で綺麗です。


小矢部市にこんなところがあったんですね。

DPP_3347

さらに扉を開けると、そこはレストランとなっていた。


さらに、いい感じにJazzが流れています。

ホームページによると、オールドスピーカーと真空管アンプが奏でるジャズと書かれていたのですが。


オールドスピーカーと真空管アンプって、なんですか?

よくわかりませんが、とりあえず踊ってみました。

DPP_3355

さらに、全面ガラス張りの窓からは、砺波平野を一望!




すげー景色いいやん!


小矢部のジョニーこと、クロスランドタワーも丸見えです。

相変わらず卑猥ですね。

モザイクかけてもいいくらいです。

DPP_3349

お昼のランチ、午後にはカフェ、夜は洋風居酒屋になります。


今回は、ランチを食べに来たのですが、




スタッフの方が完全に夜の人でした。


いやいや、絶対、東京でホストやってたでしょ。

みたいな風貌で、喋り方もそんな感じでした。


こういう面白そうな人、ぼくは大好きです。

DPP_3354

ランチセットで最初にやってきたのが、サラダとスープ。


まぁ、普通ですね。

当たり前ですが。


ただ、小矢部市の野菜が使われているので、なんだか小矢部に貢献したような気がしました。

できるだけ小矢部にお金を落としてあげたいのです。

DPP_3352

続いてやってきたのが、パスタ!


今度は、めっちゃ美味そうです!


これはイタリアンの本格パスタですね。

きっと、あの元ホストのお兄さんが作ってくれたのでしょう。


チャラい味がします。

イタリアのあのチャラそうな女を落とすための料理です。


これは、惚れてまうわ。

DPP_3353

逆に、デザートは、打って変わって和風の器。


何そのギャップ。




惚れてまうやろ。


こういういろんなデザートをちょいちょい食べるのが女子は好きなのよね。

まぁ、ぼく男ですけど。

DPP_3350

最後は、外の景色を見ながらコーヒーを。


いやー、最高ですね。


近くには、倶利伽羅峠という源平の戦いの舞台となった歴史的なばしょもあります。

なんか幽霊が出てきそうな場所でしたが、昼なので怖くありませんでした。

火牛の像を見に行きたい人はどうぞ。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県小矢部市埴生56
TEL 0766-67-2262
OPEN 月水木 17:00 〜 21:00 L.O.
  金 17:00 〜 22:00 L.O.
  土 11:30 〜 22:00 L.O.
 日・祝 11:30 〜 21:00 L.O.
CLOSE 火曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る