源平合戦の歴史ある湧水「鳩清水(はとしみず)」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


本日は、小矢部市にやってきました。

スポンサードリンク

ここ小矢部は、源平合戦が起こったことで有名で、

特に倶利伽羅山では、火牛を使って、源氏が平氏を殺戮したという。


なんて恐ろしい山なんや・・・。

DPP_3335

そんな源平の戦いを行った源義仲が、倶利伽羅山へ兵を進めた時のこと。

水場がなく困っていたところ、空から白鳩が飛んできました。

そうして、その鳩を追いかけていくと、なんと山中に滝があったという。


小矢部だけにメルヘンですね。


今からその水を飲みに行きたいと思います。

DPP_3338

こちらがその水である「鳩清水」


鳩が案内してくれたから鳩清水。

安易だな。


もし、チワワが案内していたらチワワ清水。

チンパンジーならチンパンジー清水。

エスパルスなら清水エスパルス。




最後は違うか。

DPP_3333

早速、飲んでみることに。


何を奉納するわけでもありませんが、桶も綺麗で、美味しそうです。


ゴクッ。




いや、水ですよ。


水以上でも水以下でもありません。

もっと言うならば、泥水以上、コーラ以下の美味しさです。

DPP_3334

果たして、ミネラルが豊富なのか何なのかの説明はありませんでした。


ただ、源義仲がこの水を飲んだということで、源氏の気持ちが味わえます。

源氏が平氏との戦の前に、飲んだように。

ぼくも、合コンという名の戦の前には、ここの水を飲んでから行こうと思います。


まず、合コンに誘われることから始めないと・・・。

DPP_3336

すると、たまたまタケノコを取りに来ていたであろう女性が、この水のところへやってきました。


格好からすると、彼女もまた、これから合コンという名の戦にくりだすのだろう。

くそぉー!


羨ましいぜ!


まぁ、ただの水ですけどね。

DPP_3337


このカエルもまた、これらか合コンか。


近くには、「倶利伽羅源平の郷 埴生口」という倶利伽羅峠の戦いの資料館やその場所である「倶利伽羅峠」もあるので、

合コン前に行って、暇つぶししましょう。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る