フルーツタルトを食べるなら「TUTTI FRUTTI(トゥッティ フルッティ)」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


僕は今、富山市の路地裏に来ております。

路地裏に来ているからといって、変態行為を今からしようとしているわけではありません。

情報によるとここに、フルーツタルトのお店があるらしい。

スポンサードリンク

ただ、全然場所がわかりません。

このまま路地裏を徘徊していては、変態容疑で警察に捕まってしまいます。

DPP_0225

そうして、ようやく見つけました。

その名も「TUTTI FRUTTI(トゥッティ フルッティ)」


ちなみに、トゥッティフルッティというなんともアメリカのアニメに出てきそうなネーミング

英語で「刻んだ砂糖漬け果物入りアイスクリーム」という意味らしい。


おい。




タルトちゃうやん!!!

DPP_0224

さて、店内に入ると、スタッフが笑顔で対応してくれた。

そして、青いエプロンが素敵!

どこかヨーロッパのティータイムに来ているような、そんな微笑ましい光景であった。


青いエプロンが絶妙に映り込む良い写真を撮った自分のテクニックに感動しています。

そして、青いエプロンを着たお姉さんの顔が気になるだろう?

DPP_0220

店内はインテリアが統一されているようで、されておらず

それがまたプチセレブな雰囲気を作っている。

アジアンテイスト的な感じですかね。

ソファーの座り心地が最高だ。


もう、6畳部屋にソファーを5個くらいおいて生活したい。

DPP_0221

そして、注文はというと、もちろんタルトの王道「苺のタルト」(550円)

「苺のタルト」を食べれば、そのお店のタルトレベルがわかるという。(ぼく説)


どれどれ。


これはただの「苺のタルト」ではない。


苺の味のあとに、ほんのりとブルーベリーの味が残る。

ただ、フルーツを乗せているのではなく、クリームに果汁を含ませることで全体をベリー味にしている。

そして、さくりとしたビスケット風のタルト底


これは日本フルーツタルト協会次期会長のぼくを唸らせる味だ。

DPP_0222

ステマはこれくらいにして、

やはり果物の調合に自信があるのか、当店オリジナルジャムなども販売していた。

なんか、デザインも昔のヨーロッパって感じ。


このジャム一瓶を作るのに、いくつもの果物が犠牲になっちまったのか。

生で食ってやりたかった。

DPP_0223

さらには、クッキーやケーキなど、めっちゃオシャレに販売している。

こんな感じで、販売されたら


人間の食料を無慈悲に奪うサルみたいに手を伸ばしてしまう。

オシャレすぎですぅー!

DPP_0226

路地裏のわかりにくい場所にあるにも関わらず、店内はお客さんでいっぱいだった。

もはや隠れた名店ではないようだ。

こんなヨーロッパのプチセレブな休日を堪能できる「TUTTI FRUTTI」


さて、あなたは見つけることができるでしょうか?


大きな地図で見る

     

ADDRESS 富山県富山市太郎丸西町2-9-2
TEL 076-493-6223
OPEN 10:30~19:30
CLOSE 火曜日
Parking あり

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る