色々あったんだね。「不動堂遺跡」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


本日も、行きたくもない遺跡にやってきました。

ぼくは怒っています。

スポンサードリンク

「一体、誰がこんなことろに連れてきたんだ!」

と思いましたがここに僕を連れてきたのは、僕でした。

DPP_3226

ここは、朝日町の不動堂遺跡です。


国指定文化財にも認定されているちゃんとした遺跡です。

てか、遺跡見て、どう興奮すればいいのか誰か教えてほしいです。


遺跡見るくらいだったら、家に帰って、エッチな動画見てた方が興奮します。

DPP_3227

さて、その遺跡は、一目でわかりました。


確か、あれは竪穴式住居っていうやつだったかな。

どうやら、ここは縄文時代の居住跡があったところみたいだ。


縄文時代といえば、もう人間なのか猿なのか境目がわからない時代じゃないか。

そう、確か、ガッツ石松みたいな。

DPP_3228

その中で、一番でかいやつが、この第二号住居。


縄文時代に、こんなでっかい家があったんやな。

これなら、結構居心地よさそうやなぁ。


台風が来たら、一瞬で崩壊しそうですが。


てか、第一号住居はどこだよ。

DPP_3229

第一号住居は、端っこにありました。


なんですかねー。


なんかイザコザがあったんでしょう。


もしくは、ここだけ隕石が落ちてきたか。


こんだけ淘汰された住居は、初めてです。

DPP_3232

第一号住居がアレだったので、第二号住居に入りました。


中は、めっちゃ真っ暗です。

石でできた便器的なものもありました。


せっかくなので、ちょっと寝転がってみます。




背骨が欠けるかと思いました。

DPP_3231

さらに、遺跡の端っこには、なんか最新鋭の竪穴式住居がありました。


旧竪穴式住居との違いは、ドアが完備されています。

そして、屋根がしっかりしている。

これで雨漏りなんてしませんね。

さらに、コンクリート仕様で、台風でも飛ばされないぞ!


日本最小の一軒家として、ギネス認定です。

DPP_3230

小さな資料館みたいなところには、不動堂遺跡の資料がありました。


全然興味ありませんし、ここで思わずおばあちゃんに出くわしてしまったら

「まぁ、若いのに遺跡に興味あるなんて、素敵!」

と、お持ち帰りされてしまいます。


おばあちゃんにお持ち帰りされたい人は、ぜひ来ましょう。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る