砺波市が、かれこれ合併10周年になりました。

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


砺波市の合併10周年記念式典が23日、となみチューリップフェア開幕に合わせ、市文化会館で開かれた。

「平成の大合併」で県内トップを切って誕生した新市の歩みを振り返り、さらなる一体感の醸成と飛躍を誓った。 

スポンサードリンク

2004年11月に旧市と庄川町が合併し、新市が誕生した。

夏野市長が「合併後、効率的な行政運営を進め、1市1町の融和を図ってきた。

DPP_0597

市の発展にさらに磨きをかけ『もう一つ上の砺波』の実現を目指したい」と式辞を述べ、山森文夫市議会議長があいさつ。

合併後に統合され、活動が顕著な28団体を表彰し、それぞれの代表者に庄川挽物(ひきもの)木地のパネルを贈った。

パネルは日本芸術院会員で洋画家の藤森兼明さん(砺波市出身)が庄川と散居村を描いた絵画をデザインした。


石井知事と高平公嗣県議会議長、県市長会を代表して澤崎魚津市長が祝辞を述べ、米原蕃県議の発声で万歳を三唱した。

引用 「北日本新聞」


うん。

だから、なんだって感じなんだけどね。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る