入善でランチを食べるなら「花水木(はなみずき)」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


本日は、入善町の駅前にやってきました。

スポンサードリンク

ほんと富山の東側は、自然がいっぱいですね。


入善の山沿いを車で走っていると、猿の集団に出くわしました。


東京では、若者にカツアゲされると聞きますが、入善町では、猿にカツアゲされるのですね。

DPP_3183

さて、入善駅前の「うるおい館」にやってきました。


何がうるおっているのかわかりません。

お金がうるおっているのでしょうか?

シンプルに3億円くれないかしら。


そんな「うるおい館」の中に、カフェダイニング「花・水・木」があります。

DPP_3184

ここは、入善でも珍しい、オシャレなランチスポットとなっている。


入口から、もうすでにアジアンな雰囲気が出ているぞ。

あと、店名の花・水・木でもわかるように、入善町は自然を愛しています。


自然のためなら、猿によるカツアゲも、いとわれないのです。

DPP_3185

店内はというと、


激オシャレです。


タイかインドネシアか、そんな感じの雰囲気です。

どうでもいいですが、どちらの国も、夜の商売がお盛んですね。


謎の置物も、この空間に置けば、何でもオシャレ。

もしエロ本を飾っていても、なんら違和感はないはず。

DPP_3190

スタッフを呼ぶときは、この鐘。


象の勢いがすごいですね。


どうやったら、あんな鼻の角度になるんですかね。

完全に、誰かを攻撃する串刺す前の状態です。


象の鼻をつまんで、鐘を鳴らしてみました。

DPP_3188

そして、やってきたのが、ステーキランチ。


お肉がめっちゃ柔らかいです。


これはまさか・・・。


ぼく  「象の肉ですか?」

スタッフ  「・・・違います。」


街の女性に、おっぱいを見せてくださいとお願いして、断られるくらい当たり前のことでした。

でも、もしかしたらの可能性に、ぼくは挑んでいきたい。

DPP_3187

さて、そんなランチメニューですが、野菜はなんとビュッフェ形式で、食べ放題でした。


いやー、皿の配置がすばらしいシンメトリーです。


地元の朝取れ野菜らしいので、野菜の後ろには、

一生懸命、野菜を育ててくれた農家のおじいちゃんの顔が浮かんできます。


そんなおじいちゃんおばあちゃんの顔が重なり合って、ホラーみたいになりました。

DPP_3189

食後のコーヒーを飲みながら、東南アジアに思いを馳せてみました。


よく、アジアンテイストのお店はあるのですが、


日本もアジアやん。


中国も韓国もアジアなんで、

これからアジアンテイストのお店は、東南アジアテイストと名乗ってほしいですね。


まぁ、東南アジアなんて、行ったことないんですけどね。

DPP_3186

そんな「心温まる家庭的なおもてなし」がモットーにしている「花・水・木」


デートでも女子会でもなんでも使えるランチカフェです。

東南アジアに行ったことがない人も、入善に来た際は、ぜひどうぞ。


てか、別に東南アジア料理ではないしね。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県下新川郡入善町入膳5232-5 入善まちなか交流施設うるおい館 1F
TEL 0765-74-1010
OPEN 11:00-17:00
CLOSE 日曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る