戻ってくるところが富山でありますように。

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

「なにもわざわざ東京の大学に行かなくてもいいのに・・・」

戻ってくる

東京の大学を受験する彼と、富山の大学を受験する私。


大学受験で東京に行く彼に「合格しないでよ。」

とも言えず、ましてやドラマみたいに「好きです。」とも言えなかった。

その代わりに、笑顔で「頑張ってね!」という言葉を贈るのが精一杯だった。


彼も笑顔でこちらを振り向き「あたりまえだろ!」と返した。


ふたりは結局、別々の大学へ進学し、そのときの笑顔が私の人生を変えるとは思わなかった。




あれから、25年。

私は再び、あの時と同じ気持ちで、遠く離れた大学を受験する息子に、

「頑張ってね!」とだけ息子に言葉を贈った。


息子は照れながらこちらを振り向き「あたりまえだろ!」と返した。




あの日の父親にそっくりだった。


どうしてこうも親子は似てしまうのか。




「わざわざ東京の大学に行かなくてもいいのに・・・」と、ふと思った。

お仕事の依頼はこちらまで  「お問い合わせ」

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る