ファスナー世界一!あとコーヒーも作ってる「YKKセンターパーク」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山県の企業といえば、何を思い浮かべるでしょうか?

スポンサードリンク

「北日本新聞」「北陸電力」「源マス寿司」

実は、世界一の企業が富山にはあったのです。


しかも、黒部市に。

DPP_3156

それがこちら「YKK」


「なんだよ、こんな企業知らねぇよ。」って人もまぁ待ってください。

自分の着ている服や鞄を見てください。


なんか開いたり閉じたりする部分がありませんか?

そう。

YKKは、言わずと知れたファスナー生産量世界一の企業なのです。

DPP_3159

普段は、もっぱら生まれままの姿で過ごしているぼくにとっては、あまり馴染みはありません。

ただ、小学生のころ、ズボンからアレを出したり入れたりしていたときにファスナーに挟まってしまい、地獄を味わったことがあります。

ちょっくら起訴しに行こうかしら。


しかし、こんなすごい企業が、黒部市にあるなんてビックリです。


では、早速ですが、ここYKKセンターパークでは、そんなファスナーや窓サッシの仕組みが展示されているみたいなので、見てきたいと思います。

DPP_3158

館内は、一切の撮影を禁止していました。


監視カメラも常備しており、なんだこのセキュリティーは。

どんだけ機密情報が展示されているんだよ。

なので、館内の様子は、このパンフレットの写真から読みとってください。


なんか、すごくカッコよかった。

DPP_3160

また、資料館は2つあり、1つは創業者やファスナーの仕組み。

もう1つは、YKKの歴史みたいな感じになっている。


さすが、世界のYKK、めっちゃ広いです。

ちなみに、YKKは、吉田工業株式会社の略らしいです。


めっちゃダサいです。

DPP_3162

そうして、色んな資料を見て、満足してしまったぼくは、カフェで休むことに。


実は、YKKは、ファスナーと窓サッシだけでなく、なんとコーヒーも生産しているらしい!


なんでコーヒーだよ。


金属製品と関係無くなっちゃってるやん。


ということは、社員の人は、毎日仕事の合間に、コーヒーブレイクを楽しんでいるということなのだろう。


くっそー!羨ましいぜYKK!!

DPP_3164

YKKに併設されている自社ブランドのカフェは、撮影可能だったので散策していると

「ファスナー手作り体験」という面白い体験コーナーがあった。


ただ、完全に時間が過ぎていて、体験できなかった。


うわー、ファスナー作りとか、めっちゃ楽しそうやん。

しかも500円と安い!

綺麗なファスナーを作って、誰かに転売できないかしら?

DPP_3165

そして、こちらがYKKが生産しているというコーヒー豆「カフェボンフィーノ」だ。


なんか、全然、金属感がないですね。

てか、金属感のあるコーヒーも謎だが。


言われなければ、どっかそこらへんのコーヒー店のコーヒーのようだ。


ここでは、そんなカフェボンフィーノを飲むことができるというので、飲んでみることに。

DPP_3163

うーん。

香りがすごくいいですね。


あと、ブラジル豆一本で製造しているので、ブラジル感が半端ありません。

YKKがブラジル豆をねぇ。


本当に、なんでコーヒーなんか作ってるんだろう。

サイドビジネスで、コーヒー作るとかオシャレだなぁ。

DPP_1142

なぜYKKがコーヒーを作っているのかは謎ですが


近くには、そんなYKKの創業者が作った「黒部市吉田科学館」がある。


ここには、プラネタリウムがあり、最高に気持ち良く寝ることができるのだ。

こんなに気持ちよく寝ることができるのは、プラネタリウムか棺桶くらいですね。


サイエンスショーなどもやっているので、ぜひ行ってみてください。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る