世界一おいしい水がある「百河豚(いっぷく)美術館」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


未だに、富山には何があるかわかりません。

本日は、そんなことを思い知らされるマニアックな美術館です。


それは、富山県の辺境地、朝日町にあった。

DPP_3172

その名も「百河豚美術館」


いや、全然読み方わからんがな。


なんか非常に怪しそうです。

言うなれば、立山町の地獄体験型遊園地「まんだら遊苑」のような雰囲気です。


正面からそのまま入るとやられそうなので、塀をよじ登って侵入しようと思います。

DPP_3173

さて、塀をよじ登って現れた景色がこちら。


えっ?


なんて美しいシメントリーな建物なんだ!


一瞬、ここがボラボラ島なのか?と錯覚してしまった。

スポンサードリンク

まぁ、ボラボラ島に行ったことはないんだけど。

それにしては、池が汚いな。

DPP_3179

入口の看板には、こんだけ池が汚いくせに、「世界一おいしい水」と書いてあった。


ぼくは小さい頃、「人は見た目によらない」とお母さんに教えてもらったことがあります。

つまり、ここの水も見た目が汚いからといって、まずいと決めつけるのは良くない。


・・・。


お母さん。


人は、見た目も大事だよ。

DPP_3175

さて、館内に入りました。

館内は撮影禁止だったので、口頭で説明します。


ここは、朝日町出身の実業家・青柳政二が長年にわたり収集した古美術品が展示されており、

日本と東洋の美術品が展示されていた。


トウヨウのテンジヒン、コワイ。

DPP_3174

館内が撮影禁止ということで、館外の変な美術品を撮っていきたいと思います。


謎の四頭身の石仏を発見。

コワイです。


ほんとお前ら誰だよ。

DPP_3177

夏には、蚊が大量発生しそうな汚い池には、なんと魚がいました。

コイですね。


エサが欲しいのか、ぼくが歩くとコイたちがついてきます。

なんかちょっとモテてる感覚を味わうことができました。


本当なら、人間の女性が大量についてきてくれたら嬉しいのですが、

そんなことは、これまでも、この先も味わうことはないでしょう。

DPP_3178

続いて、延命の滝という、めっちゃ怪しいな。


こんな水で、延命するのならば医者はいりませんし、世界に老人が大量発生してしまいます。

それは困りますね。

あと、世界一美味しい水とは、この延命の滝の水でした。


汚い池の水が、世界一美味しい水ではなかったのですね。

ただ、ここに住んでいるコイにとっては、この池の水が世界一美味しい水なのだろう。


この池の水しかしらないのだから・・・。

DPP_3176

ちなみに、入館料は700円とまぁまぁ高い。


ここには、小さなカフェや机がたくさんあるので、

なんか変なもの好きの人には、ここに来て、勉強とか本を読みにきて欲しいですね。


もっと変なもの好きの人は、ぜひ世界一美味しい水をどうぞ。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県下新川郡朝日町不動堂6
TEL 0765-83-0100
OPEN 9:00-17:00
CLOSE 月曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る