桜・チューリップ・立山の大三元「舟川べりの桜並木」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


本日は、富山の端っこ、朝日町にやってきました。

ぼくは今まで、朝日町に来たことがなかったので、全く謎の町と言ってもいいでしょう。


それくらい、朝日町には何があるのかわかりません。

DPP_3132

そんなぼくが、なぜ朝日町にいるかというと、何やら桜が綺麗なところがあるらしいという情報を聞きつけ、はるばるやってきたのです。

初、朝日町。

それでは、今からその桜を見に行ってこようと思います!

スポンサードリンク

そうしてやってきたのは、桜の名所「舟川桜並木」

DPP_3130

説明によると、昭和32年に、朝日町の住民全員の手により、ソメイヨシノ170本を2年がかりで植えたらしい。




結構、時間かかってるな。


いや、もしかしたら早いのか!?わかりません。

DPP_3131

さて、そんな朝日町の人たちによる努力の結晶となる景色がこちら。


めちゃめちゃ綺麗ですね。


まさにシメントリー!!!

朝日町最高!!!

DPP_3133

また、近くにはチューリップも咲いており、チューリップ・桜・立山連峰の3連チャンとなっている。


麻雀に例えるなら、白撥中の大三元!

役満やでー!!!

DPP_3134

舟川沿いも歩いてみました。


これぞ、桜のカーテン。

こんなグロテスクな幹から、こんな可愛いピンクの花を咲かせるとは。


脱衣麻雀に例えるならば、ハードレザーを着ている美女のアウターを脱がしたら、めっちゃ可愛いワンピースだったみたいな。

DPP_3136

今度は、川辺に降りて、写真を撮ってみました。


一見、橋の上で撮影しているように見えますが、ぼくの足は浸水しています。

やはり、写真は体を張らないと良いのが撮れないからね。

DPP_3135

ということで、本日ぼくは、新たな発見を3つしました。


1つ目は、朝日町に綺麗な桜があること。

2つ目は、朝日町のには人がいたこと。

3つ目は、川に靴を履いたまま入ると、気持ちが悪いこと。


みなさんも、朝日町に行けば、ぼくのように新たな発見があるかもしれません。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る