氷見市の新たなゆるキャラ誕生!「獅子ブリむちゃブリ」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。

氷見市のゆるキャラが誕生したらしい。


その名も「獅子ブリむちゃブリ」

スポンサードリンク

顔は獅子舞の獅子、体はブリで、市内の印刷会社が作製。

市観光協会が14日、氷見商工会館で発表会を開き、同協会公認キャラとして披露した。

20140415-00003244-kitanihon-000-1-view

獅子と氷見ブリが昨年暮れ、ブリ起こしの雷に打たれて合体し、定置網に掛かったという設定。

左手に「むちゃブリ」を持ち、左足はフクラギの「フクちゃん」、右足はガンドの「ガンちゃん」になっている。

印刷会社のトライプリント(中村豊社長)が10年前に考案した獅子ブリを基に、同社の女性で作るプロジェクトチームがゆるキャラに仕上げた。かわいいイメージにするため、目と眉のデザインに苦労したという。

目標は千葉県船橋市非公認のご当地キャラ・ふなっしーのような人気者。「何しとんがけ?」「どっから来たがけ?」などと、観光客らに氷見弁で急に話し掛けて会話を始めるキャラクターに育てる。


「勝手に富山県ゆるキャラグランプリ」をまた作り直さないといけない。


てか、ゆるキャラ多すぎるんだよ!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る